ポリテクセンター(関東地域) 研修情報

2020年10月~2020年12月開催分

ポリテクセンター関東 ポリテクセンター埼玉 ポリテクセンター千葉
中部地域の情報はこちら 関西地域の情報はこちら

高度ポリテクセンター (事業課) TEL 043-296-2582

No. コース名/概要 日程/詳細
E0321 計測制御におけるTCP/IPソケットI/F通信プログラミング
TCP/IPプロトコルを使用したネットワーク管理コマンドの使用法とソケットインターフェースを利用したプログラミング技法が習得できます。リアルタイムOSとWindowsのプログラミング方法によりTCP/IP通信のリアルタイム性能を比較確認します。TCP/IPを使った三菱シーケンサとの通信方法も確認します。

10/7(水)〜10/9(金)
詳細はこちら

E0721 センサを活用したIoTアプリケーション開発技術
IoT活用として環境モニタリングが注目されています。本コースでは、様々なセンサをマイコンやセンサネットワークと組み合わせた環境モニタリングシステムについて農業ICTを題材とし、栽培環境をモニタリングするために必要な技術、センサネットワーク概説、実習によるセンサネットワークの構築、クラウドサービスとの連携方法をハンズオンで習得できます。

10/8(木)〜10/9(金)
詳細はこちら

E0862 組込み機器における機械学習活用技術
ディープラーニングに代表されるように様々な分野で機械学習が活用されています。本コースでは高機能・高付加価値の製品開発に今後必要となる「機械学習」と「組込み機器」を組み合わせた活用技術を学びます。実習ではパソコン上でCNNを構築後学習させ、そこで得られた学習済みデータを組込みマイコンボードに実装し、画像認識を行います。

10/8(木)〜10/9(金)
詳細はこちら

N0321 有線・無線通信プロトコルの解析・評価手法
組込み機器のネットワークで使われる有線・無線通信の仕様・規格ではどのようなことが定義されているかをめざして、IEEE 802.3規格からEthernetの通信方式、IEEE 802.11802.15規格から無線LAN無線PAN(Wi-Sun)の通信方式のしくみについて学びます。さらに、評価技術についても学習します。

10/8(木)〜10/9(金)
詳細はこちら

E0191 Linuxデバイスドライバ開発技術
デバイスドライバ開発にはハードウエア、ソフトウエアの知識が必要であり、システムの安定性に大きく影響するため正しい知識、技術力が必要です。本コースでは、Linux上におけるデバイスドライバの開発技術に関する知識を学ぶとともに、PCI Expressバス対応のDIOボードによる信号入出力を利用したデバイスドライバの開発実習を通して、実践的なデバイスドライバ開発技術が習得できます。

10/21(水)〜10/23(金)
詳細はこちら

E0801 オブジェクト指向による組込みプログラム開発技術(Python編)
Pythonは開発がしやすくメンテナンス性のよいオープンソースのスクリプト言語です。そのため、科学技術分野、制御分野など多くの分野で利用されています。本コースはPythonの環境設定から言語の特徴、活用方法を実習を通して学習します。

10/22(木)〜10/23(金)
詳細はこちら

E1021 センサとLANを活用したIoTアプリケーション開発技術
IoT活用して様々なデータをモニタリングしたり、それらを可視化したりするニーズが高まっています。IoTシステムというとクラウドを利用することが多いのですが、社内や工場内のデータに限れば必ずしもクラウドを利用する必要はありません。本コースでは、Raspberry Piとセンサーを活用してデータ取得を行います。また、Raspberry Pi上にサーバーを構築し、データの処理や可視化を行うことで閉じたネットワークだけでIoTアプリケーションを構築します。

10/22(木)〜10/23(金)
詳細はこちら

E0021 EVM実践(プロジェクトの効率化・最適化のための定量的管理手法)
プロジェクトの進捗(スケジュール)とコストを定量的に管理し、プロジェクトの効率化・最適化をめざして、EVM(アーンド・バリュー・マネジメント)について、その理論とツールを使った実践方法を習得できます。

10/27(火)〜10/28(水)
詳細はこちら

E0271 組込みLinuxによるネットワークプログラミング技術
本コースでは組込みLinuxを採用する際のメリットであるネットワークに特化したコースです。組込みLinuxによるネットワークプログラミング技法を理解し、IPv4やIPv6のプロトコル依存しないプログラム技法やネットワークで起こりやすいエラーや復帰方法などについても触れ、システムの安定化を向上するのための開発・設計手法が習得できます。

10/29(木)〜10/30(金)
詳細はこちら

E0712 信頼性向上のための実践ユニットテスト手法
テスト手法の体系を理解した上で、単体テスト項目設計、テストツールの実装を行う際の基本知識を習得します。成果物の品質向上を図れるように、単体テスト項目、単体テスト実施工数の最適化を図ることの意識を深めます。テスト設計では、実際に複数の企業で実施している単体テストの方法を解説します。

10/29(木)〜10/30(金)
詳細はこちら

E9971 組込みシステムズ開発のためのSysMLモデリング技術
現場で実際に使えるSysMLを習得できます。SysMLを用いたシステムエンジニアリング技術の概要について習得できます。また実習により十分な理解を促進します。

10/29(木)〜10/30(金)
詳細はこちら

E0331 パソコンによるリアルタイム計測制御システム構築技法
一般的なパソコンや拡張ボートなどを使った計測制御システムの構築技術が習得できます。制御システムに必要不可欠である定時処理を行い、かつGUI機能で効率良く計測情報を入力・出力処理ができるプログラミング方法の解説・実習を通して、HMIから計測制御までの一連の機能を構築する技術が習得できます。

11/5(木)〜11/6(金)
詳細はこちら

E0451 オープンソースプラットフォームライセンスの要点
IoTプラットフォームを構成する主要オープンソースソフトウェア(OSS)のライセンスを徹底解剖し、曖昧な点、難解な点をわかりやすく解説、ライセンスに準拠したソフトウェアの複製、改変、配布等の利用法を習得できます。

11/5(木)〜11/6(金)
詳細はこちら

E0842 組込みLinuxシステム構築技術
組込み機器用のOSとしてLinuxは以前にもまして重要な選択肢になってきています。本コースでは動作する最小のシステム(ミニマムシステム)をソース単位で構築しながらその本質を学びます。特にこれまであまり触れられる機会のなかったファイルシステムの構築に重点を置いた内容になっています。

11/5(木)〜11/6(金)
詳細はこちら

E0771 RTミドルウェアによるロボットプログラミング技術
近年、ロボット等機械制御システムの世界では、システム構造が複雑化しており、RTミドルウェアやROSといった、ロボットOS・ミドルウェアと呼ばれるソフトウェアプラットフォームを利用し、多くのライブラリやプログラムを連携させてシステムを構築することが一般的になりつつあります。本セミナーでは、小型のロボットシステムの設計とソフトウェア実装を例にとり、LinuxやWindows上でロボットシステムのソフトウェアを実現する方法を習得します。本セミナーの受講により、ロボットシステムを構築するために必要な技術要素を、一通り把握することができます。

11/10(火)〜11/11(水)
詳細はこちら

E0251 組込みLinuxデバイスドライバ開発技術
組込みLinuxを導入した際に、標準でサポートしているデバイス以外の機器を使用する場合はデバイスドライバを開発する必要があります。本コースでは、組込み用Li nuxにおける、各種ドライバの開発手法等の基礎知識について学び、実際のマイコンボードを使用して各種負荷装置(LED、LCD、モータ等)を制御するデバイスドライバ開発技術が習得できます。

11/18(水)〜11/20(金)
詳細はこちら

E0072 実習で学ぶ組込みプログラム開発技術
組込みシステムの概要を踏まえた上でメモリ配置、スタートアッププログラム、I/Oインターフェース制御、割り込みプログラム、コードの最適化など実習を通して習得します。組込みのためのCプログラム開発技術を習得できます。

11/26(木)〜11/27(金)
詳細はこちら

E0732 シングルボードコンピュータ活用によるIoTシステム構築技術
IoT(The Internet of Things)は、ビッグデータ処理、クラウドコンピューティングと密接な係わりがあり、しっかりと理解するには、センシング、データ収集/加工/解析、ネットワークを介した指示など幅広い知識が必要です。本コースはシングルボードコンピュータとデータ収集、クラウドへのデータ転送、クラウド上のデータ加工の実習を通じて小規模のIoTシステム構築のノウハウを習得できます。

11/26(木)〜11/27(金)
詳細はこちら

E0741 組込みLinuxによる軽量データベース活用技術
IoTやM2Mが様々な分野で使用されるようになり、大量のデータを効率良く使用するためにはデータベースの技術が必要不可欠です。本コースでは組込みLinuxの中にデータベースを組み込み、利用する方法を学ぶコースです。実際の組込みLinuxボードを使用して組込みデータベースの設計方法やデータベースを利用したプログラムの開発・設計手法が習得できます。

11/26(木)〜11/27(金)
詳細はこちら

N0051 実用 RF回路の計測・評価技術
RF回路を評価する測定器には様々な機能がありますが、便利になった反面で測定の持つ意味や測定器の動作原理を深く理解せずに使っている状況が見受けられます。本コースでは、測定器の動作原理および使い方を学び、様々な回路の特性を測定器で計測・評価することにより、未知の問題に対しても対応の糸口を見つけ出すことができるような実践力を身につけていただきます。

11/30(月)〜12/1(火)
詳細はこちら

E0301 実習で学ぶソフトウェアPLC活用技術
PLCエンジニアリングの現場では従来の信頼性と機能性を維持しつつ、ネットワークを介しての上位通信技術や高機能なモーション制御技術、フィールドバス技術の取り込みを模索しています。こういった現場で現在注目されているのがソフトウェアPLC技術です。PCというプラットフォームを活用できるソフトウェアPLC技術は、これからの産業用機器制御の現場で必要とされる技術です。本セミナーではソフトウェアPLCの概要の説明、導入のメリット、具体的なシステム開発技法などについて広範に習得できます。

12/3(木)〜12/4(金)
詳細はこちら

E0762 実践ソフトウエア設計技法
“ソフトウェア開発の設計工程における問題解決のために、設計とはどういうものなのかを見つめなおし、設計工程の流れやレビューの実施方法等の実践的な手法を習得します。本コースでは、普段何気なく行っている方法が品質に影響を与えている可能性に気づき、多種多様なプロジェクト開発経験を基にした””実践で使用可能なノウハウ””を習得します。”

12/3(木)〜12/4(金)
詳細はこちら

E0901 組込みマイコンのプログラム開発技術(ARMコアと割込み制御)
本コースではARM Cortex?Mプロセッサを例にワンチップマイコンのアーキテクチャ概要および組込み制御で必須の割込み制御を習得します。制御プログラムにはC言語を使用し、内蔵周辺機能へのアクセスや割込みハンドラの記述について、実際の実習ボード上にてプログラミングとデバッグを行い、組込み特有の知識と技術を効率的に習得できます。

12/3(木)〜12/4(金)
詳細はこちら

N0031 実習で学ぶ次世代ワイヤレス通信技術
本セミナーでは、時空間ブロック符号化(STBC)や空間分割多重(SDM)を用いたMIMO通信方式、さらに新しい多重化技術であるマルチユーザMIMOや過負荷MIMO、NOMA、OFDMAなどの次世代通信方式について習得します。また、MATLAB実習を通して物理的な理解を深め、新しい多重化ワイヤレス通信方式やダイバーシティ技術について習得します。

12/3(木)〜12/4(金)
詳細はこちら

E0821 組込みLinuxを用いたセキュアなIoT構築技術
IoTやM2Mシステムを構築する上で、通信におけるセキュリティ対策は欠かせません。本講座では、組込みLinuxボードによるIoTアプリケーションの環境を構築するとともに、セキュアな通信プロトコルについて学びます。

12/10(木)〜12/11(金)
詳細はこちら

E0881 LPWAを活用したIoTアプリケーション開発技術(Sigfox編)
“IoTでは様々な情報を通信回線を通してクラウドなどで集約し、分析します。IoTでは必要となる情報の特性に応じて通信網を選択する必要があります。本コースでは、扱える情報量は小さいけれども広範囲で無線通信できて省エネなLPWA(Low Power Wide Area)のひとつであるSigfoxを取り上げます。Sigfox網を利用して環境情報をクラウドへ送信するIoTアプリケーション開発について習得します。本コースで使用するSigfox対応マイコンボード(1年間のSigfox回線使用権付き)はお持ち帰りになれます。”

詳細はこちら

N0071 実習で学ぶ5G(移動体通信システム)プロトコル解析技法
通信システム設計における生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)にむけた5G無線プロトコルの評価実習を通して、次世代移動体通信である5G無線通信プロトコルの解析・評価手法を習得する。

12/10(木)〜12/11(金)
詳細はこちら

E9951 組込みシステム/組込みソフトウェア要求の仕様化技術
現場で実際に使用可能なUML/SysMLを使用した仕様書作成手法について習得できます。UMLを用いたシステムエンジニアリング技術の概要について習得できます。UML/SysMLを用いたシステムズエンジニアリング技術の概要について習得できます。また実習により十分な理解を促進します。

12/14(月)〜12/15(火)
詳細はこちら

E0211 組込みLinux IO制御技術
組込みLinuxにおける開発環境構築や開発には、幅広い知識が必要になります。本コースではRaspberry Piによる実習を通して、システム開発を行っていく上で必要な専門知識とノウハウが習得できます。

12/16(水)〜12/18(金)
詳細はこちら

E0811 オープンソースプラットフォームアプリケーション開発実践技術
タブレット端末などの組込み開発ではターゲットボードへのAndoridの移植や開発環境構築が必要になります。また外部接続されたセンサ・アクチュエータの制御を実現するドライバ開発も必要です。本コースではARMのCortex-A9を用いたLinuxボード上に各種負荷装置を制御するアプリケーションを実装し、実践的なAndorid端末開発技術を習得します。

12/16(水)〜12/18(金)
詳細はこちら

N0081 光ファイバ通信の理論と実際
様々な光ファイバ通信のシステム構成とネットワークで使われる光デバイスの特徴と特性評価実習を行います。さらに、そこで使われる光ファイバの融着器を用いた接続実習及びOTDRを用いた接続評価実習まで各自で行うので幅広く習得できます。この実習では、融着器、光源、光パワーメーター、光スペクトラムアナライザ、OTDRなどを使いながら理解を深めることができます。

12/17(木)〜12/18(金)
詳細はこちら

 PAGE TOPへ 


ポリテクセンター関東 (訓練第二課) TEL 045-391-2819

No. コース名/概要 日程/詳細
E1814 組込み技術者のためのプログラミング
組込みシステムの開発やマイコン制御に必要なC言語のプログラミング技術について習得します。

10/28(水)〜29(木)
詳細はこちら

E3312 組込みソフトウェア開発者のためのテスト技法
効率的かつ効果的なテストケースを設定する力を身につけ、組込みソフトウェア開発の基盤となるテスト技法、およびテストプロセスをマイコンボードを使用した実習を通して習得します。

11/4(水)〜5(木)
詳細はこちら

E2011 オブジェクト指向による組込みプログラム開発技術
C言語の拡張仕様であるC++を用いて、仕様変更に対する保守性や既存モデルの再利用性の向上のための設計技術や開発技術を実習を通して習得します。

11/25(水)〜26(木)
詳細はこちら

E1815 組込み技術者のためのプログラミング
組込みシステムの開発やマイコン制御に必要なC言語のプログラミング技術について習得します。

12/1(火)〜2(水)
詳細はこちら

E2812 組込みOS実装技術
組込みLinuxシステム構築技術を理解し、ハードウェアへの実装と組込みアプリケーションの開発について実習を通

12/8(火)〜10(木)
詳細はこちら

E2711 リアルタイムOSによる組込みシステム開発技術
組込み型マイコンシステムの開発に必要なリアルタイムOS(μITRON)を用いたプログラミング技術を習得します。

12/15(火)〜17(木)
詳細はこちら

E2312 実践センサ活用術(マイコンインターフェース編)
計測制御システムの効率化・最適化やセンシング機器の改良をめざして、インターフェース回路を使用し、マイコンにより各種センサを活用する方法を習得します。

12/22(火)〜23(水)
詳細はこちら

 PAGE TOPへ 


ポリテクセンター埼玉 (訓練第二課) TEL 048-882-4003

No. コース名/概要 日程/詳細
E010A マイコンによるLAN制御システム開発実践技術
マイコン制御設計(各種制御含む)の生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)に向けたマイコンLANシステムとネットワークI/Fの構造を理解し、プログラム実習を通して、マイコンによるLAN制御システムに必要な要素、設計製作手法、プログラム設計開発技術を習得する。

11月4日(水)〜6日(金)
詳細はこちら

E013B 組込み技術者のためのプログラミング(C言語編)
組込みシステム開発・設計の生産性の向上をめざして、効率化(改善)に向けた組込みマイコンシステムの構成や開発手法の実習を通して、システムの最適化のための設計・開発技法を習得する。

10月6日(火)〜7日(水)
詳細はこちら

E014A マイコン制御システム開発技術(H8マイコンC言語編)
マイコン制御設計(各種制御含む)の現場力強化及び技能継承をめざして、技能高度化、技能継承に向けたマイコンの構成から回路設計・プログラム実習を通して、マイコン制御に必要な要素、設計製作手法、プログラム開発技術を習得する。

10月8日(木)〜9日(金)
詳細はこちら

E017A 組込みシステム開発のためのモジュールテスト技術
組込みシステム開発・設計の生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)に向けた単体テスト実習、スタブ・ドライバを活用した並列開発実習などを通して実践的テスト活用技術を習得する。

12月23日(水)〜25日(金)
詳細はこちら

E020A オープンソースプラットフォーム活用技術(Android編)
マイコン制御設計/パソコン制御設計の生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)に向けたオープンソースプラットフォーム(Andorid)のアーキテクチャを理解し、携帯電話やモバイル端末向けアプリケーション開発プロセスを通して、オープンソース携帯OSの活用技術を習得する。

10月29日(木)〜30日(金)
詳細はこちら

E021A 組込みデータベースシステム開発技術
部品データ作成・登録システム開発・設計の生産性の向上をめざして、効率化に向けたデータベース開発実習を通して、データベースシステム開発技術を理解し、システムの最適化のための開発・設計手法を習得する。

10月22日(木)〜23日(金)
詳細はこちら

E022A Webを活用した生産支援システム構築技術
生産自動化設計の生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)に向けたデータベース操作やプログラミング実習を通じて、Webを活用した生産支援システム構築技術を習得する。

11月25日(水)〜27日(金)
詳細はこちら

E023A オブジェクト指向による組込みプログラム開発技術(C#編)
組込みシステム開発・設計の生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)に向けた組込みアプリケーション開発実習を通して、オブジェクト指向による組込みプログラム開発技術を習得する。

11月19日(木)〜20日(金)
詳細はこちら

E024A オブジェクト指向言語を用いた組込みアプリケーションソフトウェア開発C#
組込み製品開発におけるプログラミング開発の効率化をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)にむけた、組込み分野でのオープンソース環境によるオブジェクト指向プログラミングの実習を通して遠隔制御機能を有する組込みシステム開発についての技術を習得する。

12月16日(水)〜18日(金)
詳細はこちら

E028A マイコンによるDCブラシ付きモータ制御技術(PID制御編)
マイコン制御設計/パソコン制御設計(各種制御含む)の生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)、安全性向上に向けたDCモータ制御の速度制御、P、PI制御などの制御系の設計などの実習を通して、制御システム構築が可能な技能・技術を習得する。

12月10日(木)〜11日(金)
詳細はこちら

E033A センサを活用したIoTアプリケーション開発技術
組み込みシステム開発・設計の生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)に向けたセンサネットワークプログラミングやクラウドサービスを利用したプログラミング実習を通してIoTアプリケーション開発技術を習得する。

11月5日(木)〜6日(金)
詳細はこちら

 PAGE TOPへ 


ポリテクセンター千葉 (訓練第二課) TEL 043-422-4622

No. コース名/概要 日程/詳細
E2202 製造現場におけるLAN活用技術
EthernetとTCP/IP(IPV4)によるLANを設定、構築する技術を習得するコースです。

11/18(水)〜19(木)
詳細はこちら

E2001 組込みシステムにおけるプログラム開発技術(H8編)
H8マイコンによる組込みシステム開発技術を習得するコースです。

11/26(木)〜27(金)
詳細はこちら