Home > OpenEL > OpenELの開発

OpenELの開発

委員会活動

OpenELの仕様策定を主として毎月、委員会を開催しています。
OMG(Object Management Group) HAL4RT(Hardware Abstraction Layer for Robotic Technology)規格、ISO/TC184/SC2/WG10が策定中のサービスロボットのモジュラリティに関する国際規格の進捗状況を確認、議論し、OpenELの仕様策定にフィードバックをかけています。


OpenEL開発体制と開発履歴

OpenELの仕様策定作業は、2015年4月まではJASA技術本部の応用技術調査委員会内のプラットフォーム研究会及びロボットWGが担当し、2015年5月からはOpenEL国際標準化委員会が担当しています。
 

 OpenEL 0.1

  2012年5月31日:OpenEL for Robot Version 0.1を公開
  2012年7月5日:OpenEL for Robot Version 0.1.1を公開

 OpenEL 1.0

  2013年5月22日:OpenEL Version 1.0 仕様書を公開
  2014年3月1日:OpenEL Version 1.0-1 仕様書を公開

 OpenEL 2.0

  2015年7月3日:OpenEL Version 2.0 仕様書を公開