アジャイル開発の必要性と人材育成

ソフトウェア開発の現状

 ソフトウェア開発を委託する際に発注側は開発側に対して”定量化した要求”を出すことが出来ないため、契約不適合責任(旧瑕疵担保責任)の責任を開発側が負えないことから、履行割合型の準委任契約が増えています。
 ソフトウェアが複雑化していく、新しい概念を取り入れていくと発注側は事前に開発側に対して答えを全て用意しておくのは不可能ですし、実施したとしても発注側に依頼が出せるのはかなり遅くなるため、請負形式での発注を断念し、準委任契約を選択しなければならないのが現状です。

 

予算修正・納期遅延のリスク

 請負でソフトウェア開発をする場合は、最初に発注側と受注側とで要求に対する認識合わせを行ってからの対応になりますが、発注側はソフトウェア開発のプロではないため、受注側がいろんな資料を作って発注側に確認依頼をしますが、プロでもない、かつ、机上で物事を決めなければいけない発注側の負担になり、のちに判断に誤りがあったということで変更を打診すると仕様変更扱いになり、予算修正や納期延長が発生するリスクがあります

 

従来の開発の懸念点

  • デジタルでつながる組込み製品が増え、要求が多様化し複雑化してきた
  • 新製品を開発する際に過去の経験に基づいて開発できるところが少なくなってきた
  • 技術革新のスピードが速く、過去の経験で見積もることができなくなってきた
  • 開発の最初の段階で、すべてを決められなくなった

 

 ウォーターフォール型の開発が難しくなってきている。
 解決方法として、新しい製品開発や技術革新のスピードが速い製品開発は、「アジャイル」が適している。

  ところで、、、アジャイル開発って...

準委託契約
 あらかじめ特定した成果物の完成に対して対価を支払う請負契約に対して、受注側が専門家として業務を遂行すること自体に対価を支払う契約です。
 

アジャイル開発のメリット

アジャイル開発の必要性

 
 上記で記述したように、昨今のソフトウェア開発では発注側が最初に仕様を決めきれないという事情により、準委任契約を選択せざるを負えない、または現在出来ていたとしても発注側が未知なる技術・概念については定量化しようがないため、DX等の取り組みで使用技術を刷新していくと将来的には準委任契約を選ぶ必要がある際に、アジャイル開発は最適な開発プロセスとなります。

最速でプロダクトが見える

 
 短いゴールで成果物を優先して作成するため、仕様のジャッジを「机上」で行う必要がない。
 このあたりがアジャイルがドキュメントをつくらないと誤解される由縁(ゆえん)になります。 (V字モデル等は、「物」を見せることが出来ないから、「ドキュメント」を作るしかない。当然、アジャイルでもソフトウェアを作る上での設計は必要とします。)
 最速で物が見えるので、発注側も次のジャッジを行いやすいのがメリットです。

無理の無い開発目標値

 
 発注側の仕様決定者はプロジェクトに参画して開発側の状況が密に分かるので、現状の開発の状況に合わせてゴールを設定することが出来ます。
 変動要素が大きいので予算が複雑化になってきますが、開発側の状況を踏まえてゴールを設定すれば、予算が変動する心配はありません。 (開発側のパフォーマンスに合わせてゴールを設定することで、結果、発注側からすると計算できる成果物が上がってくることになります)

生産性の向上

 
 1つの開発単位が短いのでPDCAサイクルが1つの案件で複数回走ることになり、結果、そのチームのパフォーマンスが上昇していくため生産性も向上します。 ※ 結果、かかるコストが削減されます。

  


アジャイル開発人材の育成

 アジャイル開発はV字モデルの延長の概念ではないため、開発者の意識改革、確実な知識をつけていく必要がありますが、それだけでは不十分です。
 JASAではアジャイル開発の取り組みとして、以下の人材育成トレーニングをご用意しています。

基礎セミナー

アジャイル開発基礎セミナー on demand
≪オンデマンド配信開催中 2023年3月まで≫

  1. 対象者   アジャイル開発の導入について検討・調査されている方
  2. 学習期間  オンデマンド動画配信ですので、何度でも・お好きな時に学習していただけます。
          お申込み完了直後から、2023年3月31日まで
  3. 学習形態  オンデマンド学習ですので、場所・時間は問いません
          * PC(WinOS, MacOS, Linux)、スマートフォン、タブレット端末で学習できます。
  4. コンテンツ 約150分x2本、テキスト・Q&A集、事前学習動画・資料付
  5. 到達目標
      ☑️ソフトウェア開発において、アジャイル開発の導入判断ができる
      ☑️アジャイル開発がうまくいかない場合の診断ポイントが分かる
      ☑️新製品企画の立案にアジャイル開発の考え方を使える
      ☑️組織の運営にアジャイル開発の考え方を活かせる


実践ワークショップ

アジャイル開発の進め方(実践編)
≪2023年2月開催≫

 本研修は、アジャイル開発がどのように進んでいくかを、仮想案件を題材にしてシーンごとに具体的に示していくことで、アジャイル開発の具体的なアプローチを学べるようになっています。
 

  1. 対象者   これからアジャイル開発をするソフトベンダーのリーダー、およびリーダー候補
  2. 前提条件
    1. アジャイル開発基礎セミナー(オンデマンド学習)」を受講している方、
    2. あるいは同等のスキルを有する方
  3. 開催形態  Online研修ですので、受講する場所は問いません。
          * インターネットとPC(Windows, MacOS, Linux)が必要
  4. 開催日程  3時間x2回コース + オンデマンド録画配信
          2023年2月14日(火)、2月28日(火) 14時00分~17時00分
          * Live授業数日後に受講者向けにOn Demand録画配信いたします。
           欠席された場合や繰り返しリカレント学習にも最適です。
  5. 到達目標
    1. アジャイルを用いた「開発を導入」するノウハウを知ることができる
    2. アジャイルを用いた「開発を進める」ノウハウを知ることができる

  


  


  

参考コラム!

 アジャイル開発版 情報システム・モデル取引・契約書 
 アジャイル開発を外部委託する際の契約条項とその解説、および補足資料
 ウォーターフォール開発とは異なり、アジャイル開発は、そのプロセスの中で、機能の追加・変更や優先順位の変更、先行リリース部分の改善などに柔軟に対応することができる手法です。そのため、あらかじめ特定した成果物の完成に対して対価を支払う請負契約ではなく、受託側が専門家として業務を遂行すること自体に対価を支払う『準委任契約』を前提としています。
(出典:IPA独立行政法人情報処理推進機構)