要件定義① 本質を学ぶ実践セミナー on demand

昨年度ご好評いただいた「要求定義」講座をオンデマンド学習として用意しました。

 今から求められるエンジニアは「ユーザの言われたものを作る」のはもとより、「ユーザが気づかない・観点が抜けている」所について、うまく補完できることが求められます。この対応をおこなっていくためには、OJTでは技術・スキルの習得は難しく、体系立てたノウハウが必要となります。

 開発の初期段階で、要求の本質を把握する、要求のスコープを明確にして、抜け漏れの検出方法を習得します。
 要求の誤解釈や増加に対処できるエンジニアを目指します。

JASA 人材育成事業本部 教育研修コンテンツ事業推進委員会

要求定義②(”構造設計の基本”、”コード起点設計”、”アーキテクチャ中心”)の講座は
要件定義② 実装する設計セミナー on demand』で開講しています。

配信概要

  1. 対象レベル 中級技術者。要求仕様がインプットとなり、
          開発しているソフトウェアエンジニア。
  2. 開催形態  オンデマンド学習です。場所・時間は問いません
          * PC・タブレット端末・スマホのブラウザに対応
  3. 開催期間  お申込み直後〜2023年3月31日まで
          何度も・お好きな時に学習いただけます。
  1. 講座    次の3講座(各1時間半〜2時間)『要求モデリング』、
          『スコーピング』、『要求分析』
  2. 到達目標  本講座では、次のことを目標としています。
    1. 要求定義を図解して、要求元と確認ができる
    2. スコープを定義して、要求の増減を把握できる
    3. 暗黙の仕様をあぶりだし、開発初期に確認と提案ができる

講師紹介

ビースラッシュ(株)
代表取締役 山田 大介 氏

新潟大学工学部卒、(株)リコー入社
プリンタ/スキャナの開発に従事、
ソフトウエア開発のプロセス改革活動を推進


講座概要

開発現場で「使える図表(モデル)」の引き出しを増やすことができます。

要求モデリング
要求をモデル化して、要求元と確認します。
<習得するモデル>
『要求図』 『ユースケース図』 『イベントリスト』

  

スコーピング
要求のスコープ(適用範囲)を定義して、要求元と合意、かつ、要求の増減を把握できるようにします。
<習得するモデル>
『コンテキスト図』 『要求辞書』 『ステークホルダマトリクス』

  

要求分析
要求仕様には書かれていないことを発掘し、提案型の活動につなげます。
<習得するモデル>
『データフロー図』 『ユースケース記述/アクティビティ図』 『状態遷移図』

  

要求定義②(”構造設計の基本”、”コード起点設計”、”アーキテクチャ中心”)の講座は
要件定義② 実装する設計セミナー on demand』で開講しています。

お申込み

  • 受講料  受講料金はお申込み時にクレジットカードで決済します。(VISA, Master, American Express)
    • JASA会員  お一人 20,000円(税込)  *(参考)JASA会員企業一覧
    • 一般 (非会員) お一人 40,000円(税込)
  • 申込〆切  2023年2月28日(日)
  • お申込みにあたって
      参加申込フォームに入力した情報はJASA組込みシステム技術協会、株式会社EventHub(システム運用委託先)で管理いたします。


お問い合わせはこちらから