OpenEL WG主催セミナー

OpenEL WGでは、アクチュエーターやセンサーを備えた制御システムのソフトウェアの実装仕様(API)を標準化する組込みシステム向けのオープンなプラットフォームであるOpenELの仕様策定、実装、普及・啓発を進めています。

 今やIoT(Internet of Things)には欠かせないWeb技術ですが、そのWeb技術の標準化を進めるW3Cから2020年4月にWeb of Things(WoT) Architecture勧告とWeb of Things(WoT) Thing Description(TD)勧告が発表されました。

 W3C Web of Things(WoT)は、Webベースの抽象化レイヤーを定義しており、ハードウェア抽象化レイヤーを定義しているOpenELとの親和性も高いと考えられます。

 本セミナーでは、Web of Things(WoT) Architecture勧告の編集者の一人であるルネサスエレクトロニクス株式会社 梶本一夫様をお招きして、W3C Web of Things(WoT)の最新情報と今後の動向などについて学びます。

 ※W3Cとは、「World Wide Web Consortium」の略称で、Web技術の標準化を行う非営利団体の名称です。

W3C Web of Things(WoT)最新情報

講師:ルネサスエレクトロニクス株式会社 梶本一夫様

概要

W3C Web of Things(WoT)の最新情報、 Web of Things(WoT) ArchitectureとWeb of Things(WoT) Thing Description(TD)の詳細や今後の展望などについて紹介する。
 なお、WoT Japanese Communication Groupも2021年に立ち上がり、WoTの効能や使い方についての日本での発信も強化している。(https://wot-jp-cg.netlify.app/#/)

セミナー詳細
1 日時
 2021年11月22日(月)15:00-16:00(60min)

2 開催形式
 オンライン形式(※Cisco WebEXを使用)

3 予備知識
 W3C、W3C勧告、Web技術、JASA OpenELに関する一般的な知識ないし業務経験があった方が望ましいが、必須ではない。

4 習得できる知識
 W3C Web of Things(WoT)の最新情報、 Web of Things(WoT) ArchitectureとWeb of Things(WoT) Thing Description(TD)の詳細、今後の動向など。

5 対象者
 組織(企業、地域団体、学校法人等)において、制御システムの開発に従事しているエンジニア、IoT相互運用のためのソリューションを求めているエンジニア、最新のWeb技術や今後の動向について学びたいエンジニア、または、組込みシステムやIoTシステムの開発に従事している方。

6 配布資料
 なし

7 参加費
 無料

8 開催人数
 50名

参加申込み

会員参加費:無料
申込フォーム:https://forms.gle/vcw2EDwsbZv7Mufy7