新型コロナウイルスワクチンの職域接種について

2021/ 6/ 8 現在
経済産業省 情報産業課

 ワクチン接種に関する地域の負担を軽減し、接種の加速化を図っていくため、令和3年6月21日から、企業や大学等において、職域(学校等を含む)単位でワクチンの接種を開始することとなりました。

  • 職域接種に当たっては、モデルナ社製ワクチンを使用し、接種に必要な医療従事者や会場などは、自治体による高齢者等への接種に影響を与えないよう、企業や大学等が自ら確保することとします。
  • 中小企業が商工会議所等を通じて共同で実施すること、企業が下請け企業など取引先も対象に含めて実施すること、大学等が学生も対象に含めて実施することも可能とします。なお、職域接種を実施するに当たっては、その対象者の中で、接種の優先順位を踏まえて、高齢者や基礎疾患を有する者が優先的に接種できる機会を設けていただくこととします。
  • 一般接種の対象者の中で、企業や大学等の協力により職域を通じて接種を受けていただく方が増えてくることで、市町村が実施する一般接種もより受けやすくなり、接種が加速化することが期待されます。

職域接種の概要


職域接種の申請から接種まで


職域接種会場申請フォームはこちらから