Home > クイックアクセス > 研修をお探しの方に > ポリテクセンター(中部地域) 研修情報

ポリテクセンター(中部地域) 研修情報

2019年9月12日現在
2019年10月~2019年12月開催分
 

ポリテクセンター中部  (企画指導部企画課) TEL 0568-79-0555

受講をご希望する際はこちらで空き状況をご確認ください。

No. コース名/概要 日程/詳細/空き状況等
E4032 電気・機械技術者のための計測・制御実践技術(GUI開発編)

VB.NETコントロールの使い方から、ファイルへの読み書き、GDI+でのチャートグラフの描画、I/O制御用DLLのAPI関数の使い方まで、パソコン計測・制御に必要なプログラミング技法を習得します。

10/8(火)〜10/10(木)

詳細はこちら

E3261 CPU内蔵FPGAにおける組込みLinuxの実践活用

現在、様々な組込み機器においてもOSの搭載が求められています。しかしリアルタイム性や時間制御の精度を要求されると、ハードウェアの追加を迫られることにより部品点数が増大し、システム全体が大きくなることが懸念されます。本コースでは、CPUコアを内蔵したFPGAにOSを搭載することでハードウェアの追加に係る部品点数の増加を防ぎ、効率の良いシステム開発の方法を習得します。

10/16(水)〜10/18(金)

詳細はこちら

E4101 電気・機械技術者のための計測・制御実践技術(プログラム開発編)

Javaの開発環境を利用したプログラム開発手法や、オブジェクト指向プログラミング、代表的クラスライブラリの利用方法まで、パソコン計測・制御に必要となるプログラミング技法を習得します。

10/16(水)〜10/18(金)

詳細はこちら

E4121 計測・制御におけるソケットインターフェース実践技術

Visual Basic言語によるソケットインターフェースのプログラミング実習を行い、TCP/IPネットワークに対応した計測・制御システムの開発に必要なプログラミング技術を習得します。

10/23(水)〜10/25(金)

詳細はこちら

E3241 組込みLinuxによるネットワークプログラミング技術

組込みLinuxシステムにネットワーク連携機能を付加する場合に必要な技術として、Linuxにおけるネットワークプログラミング手法を理解し、TCP/IPプロトコルを利用した通信システムの開発・設計手法を習得します。

11/6(水)〜11/7(木)

詳細はこちら

E4051 パソコンによる計測制御システム技術(COMポート編)

VisualBasicにより、COMポート通信を行うためのプログラム開発技術を習得します。
USBの汎用COMポート経由で入力や出力状態を設定・取得できる機器を用いて、機器との通信プログラムおよび送信文字等の取り扱いを習得することで、COMポートを使用した機器の製品開発技術を習得します。

11/6(水)〜11/7(木)

詳細はこちら

E3162 CANモジュール搭載マイコン通信技術

シリアル通信から、CANプロトコルの説明、CAN評価ボードを使って通信をしながら、CANインターフェースの規格、仕様を理解します。ルネサス製RX63Nのサンプルプログラムを解説し、CAN通信プログラムの仕組みを具体的に習得します。

11/7(木)〜11/8(金)

詳細はこちら

E3052 センサを活用したIoTアプリケーション開発技術

IoT活用として環境モニタリングが注目されています。本コースでは、様々なセンサをマイコンやセンサネットワークと組み合わせた環境モニタリングシステムについて農業ICTを題材とし、栽培環境をモニタリングするために必要な技術、センサネットワーク概説、実習によるセンサネットワークの構築、クラウドサービスとの連携方法をハンズオンで習得します。

11/19(火)〜11/20(水)

詳細はこちら

E3081 マイコン制御システム開発技術

マイコン制御設計(各種制御含む)の現場力強化及び技能継承をめざして、技能高度化、技能継承に向けたマイコンの構成から回路設計・プログラム実習を通して、マイコン制御に必要な要素、設計製作手法、プログラム開発技術を習得する。

11/19(火)〜11/20(水)

詳細はこちら

(キャンセル待ち)

E3331 組込みシステム開発者のための企画開発実習

講師と受講生間や受講生同士間でのディスカッションやレビューを実施しながら、組込み製品開発における「設計・実装・テスト」の各工程に必要な仕様書作成技術を習得します。

12/3(火)〜12/6(金)

詳細はこちら

E3271 CPU内蔵FPGAにおける組込みLinuxの割り込み制御実践活用

現在の組込み機器においては、周辺の入出力装置にAndroidなどのタブレット端末に対応する必要性が出てきています。そうなると組込み機器といえども今までのようなノンOSのベアメタルの環境では対応しにくい現状があります。一方で組込み機器であることからリアルタイム性などを求めらられる側面もあり、特にイベントが発生した時の処理には割り込みを使用するのが一般的です。本コースでは、組込み機器に搭載したLinux上での割込み活用にフォーカスして、どのように実装すればよいかといった手法をSoC FPGAのボードを使用して習得します。

12/11(水)〜12/13(金)

詳細はこちら

E4151 画像認識AI実装技術

カメラで撮影した認識対象物の大きさが規格内かどうかを、画像認識AIシステムを用いて判別する仕組みを構築する実習を通して、画像認識におけるAI(機械学習)技術の活用について習得します。

12/17(火)〜12/18(水)

詳細はこちら

(キャンセル待ち)

 

pagetop