ET 2018 & IoT Technology 2019
カンファレンスプログラム
ED エッジコンピューティングトラック
ED-3
11月16日(金)13:45-14:30
展示会場内 セミナー会場B

5分でできる!”Gravio”で簡単IoTエッジコンピューティング利活用 ノン・プログラミングで簡単操作。AI機能を組み合わせたIoTエッジソリューションのご紹介

IoTにおいて、AI用途の画像などに代表されるように、収集するデータは多様・肥大化しつつある。その中でエッジコンピューティングに期待が寄せられているが、実装にあたってはソフトウェアの開発など様々な障壁が存在するのも事実である。どのデータが有効で、何をしたら”意味のあるデータ”をIoTで導き出すことができるのか?IoTにまつわる複雑性を解決し、身の丈にあったエッジ型のシステムを実装するための方策をご紹介いたします。

垂見 智真

アステリア株式会社 エンタープライズ本部 Gravio事業部 Gravio事業部長

プロフィール

インフォテリア株式会社にてエンタープライズ製品全般のマーケティング活動および新IoT関連に代表される新製品事業を担当。外資系ハードウェア事業における営業・マーケティング経験をベースに、ソフトウェアの”チカラ”とハードウェアの”チカラ”を融合、昇華させることで、お客様にとって真に価値のあるソリューションとしていくかを日々考えている。

TOP