ET 2018 & IoT Technology 2019
カンファレンスプログラム
E 出展社セミナー
E-19
11月15日(木)14:00-14:45
展示会場内 セミナー会場A

IoTシステム構築の現実解 IoTゲートウェイを中心としたセンサーネットワーク

IoT時代と言われる中、IoTによる付加価値の創出以前に、技術的課題で躓く事例も多い。多様なセンサーの情報をクラウドへ集約するためには、多層に渡るシステム設計を理解した上で乱立する通信規格から最適なものを選択することが必要で、エンジニアに求められる知識範囲は広い。
本講演では、IoTゲートウェイを中心としたセンサーネットワークの構築のポイントについて解説する。LPWAを使ったシステムとの比較も行う。

實吉 智裕

株式会社アットマークテクノ 代表取締役

プロフィール

システムハウスのハードウェア技術者としてISDNルーターなどの開発に従事した後、独立・起業。2001年にARM+Linuxの組み込みCPUボード「Armadillo(アルマジロ)」を開発。以後15年以上に渡りアットマークテクノの商品開発の先鋒を担い、累計出荷約30万台の定番ブランドへと育て上げた。「世界に貢献する技術を」をモットーに社長業の傍ら日々新しい技術を追い求め、社員とともにエンジニア魂を研鑽中。

TOP