ET 2018 & IoT Technology 2019
カンファレンスプログラム
AI 組込みAI活用トラック
AI-3
11月15日(木)13:30-14:15
展示会場内 セミナー会場C

エッジAIにおける学習データの重要性と導入形態の多様性 組み込み向けエッジAI特有の要件とそれに対応する最新技術を使ったAI導入・実装提案について

組み込み分野でエッジAI導入・運用が本格的に始まろうとしている中、改めて特定用途AIにおける学習データの”質”の重要性が再認識されている。また案件毎に最適なエッジAI実装形態の多様性もエッジAI導入の検討課題になってきた。このような組み込み向けエッジAI特有の実装・導入要件について、最新AI技術動向と合わせ、これからエッジAI導入を具体的に検討していくために、必ず押さえておくべき重要なポイントについて解説する。

薬師寺 秀徳

富士ソフト株式会社 プロダクト事業本部 EP事業推進部 商品開発室 室長

プロフィール

関西出身。1988年 現インテル株式会社入社。国内の大手コンピュータメーカーから通信、組込み業界でFAE・スペシャリストとしてフィールドワークを経験、技術部門管理職、アジアパシフィックのソリューションアーキテクトを経て、2016年に富士ソフト㈱入社。現在エッジAI関連技術開発やビジネス展開に従事。

TOP