ET & IoT Technology 2019
カンファレンス情報 Conference Information

TS ETテクニカルセッション

組込みLinux開発における課題と技術スキル これだけは押さえておきたいOSS開発におけるポイント

現在Linuxは、Androidフォンを始め、車載機器、家電製品、クラウドサーバーなどいたるところで使用されている。IoT普及によりLinuxを始めとするOSSの使用がますます広がっていく。OSSを最大活用するためには、幅広い知識やスキルが必要となる。本セッションでは、多くの製品開発プロジェクトが直面する課題や必要となる技術スキルを知識体系として整理し、それぞれ重要なポイントについて解説する。

資料PDF

木内 志朗合同会社フォーティシックスラボ 代表社員

プロフィール 大手医療機器メーカーにて、リアルタイムOSを使用した各種機器開発に従事したのち、外資系大手RTOSベンダーにて、国内各種機器メーカの開発プロジェクトの支援を行う。2000年からMontaVista Software Japan設立メンバーとして、多くのLinuxによる製品開発の支援、組込みLinuxの普及に貢献。2012年3月に独立し46 Lab.を設立。その後、2014年5月に法人化。組込みソフトウェア及び、OSSを利用したシステム開発のコンサルティング業務に従事。

カンファレンスのお申込みはこちら

TOP