ET 2018 & IoT Technology 2019
カンファレンスプログラム
K 基調講演
K-8
11月16日(金)11:00-12:00
アネックスホール[F203〜F206]

深層学習の技術的側面から見た、AI 医療の可能性と実際

AI/人工知能は2012年のブレークスルー以降、人類がかつて経験したことのないスピードで発展し、様々な分野で実用化が始まっている。医療分野においても、AI医療の到来が言われ始めている。この講演では、人工知能技術のひとつである深層学習に焦点を当て、どのように医療分野に応用できるか?深層学習の技術的側面から見た、AI医療の実現可能性や課題について検討してみたい。

大田 信行

株式会社Preferred Networks America 最高執行責任者

プロフィール

イェール大学の分子生物物理学と生化学博士号取得。カルフォルニア大学サンフランシスコ校 (University of California, San Francisco (UCSF))の生物物理学科とハワードヒューズ医学研究所でポストドクトラルフェロー及び研究員として従事。その後バイオテク企業A-CUBE、コンピュータ支援抗体医薬品会社を創業。現在はPreferred Networks America, Inc.のCOOとして医療へのAI技術の導入・実用化を推進。東京理科大客員教授。

TOP