ET 2018 & IoT Technology 2019
カンファレンスプログラム
K 基調講演
K-7
11月16日(金)9:30-10:30
アネックスホール[F203〜F206]

組込みシステムとAI

組込みの世界でも、組込み用AI専用チップとクラウド連携の2面からAI化が可能になろうとしている。その可能性とともに、AIを活かすために組込み業界に求められる変化について、技術面と制度面から述べる。

坂村 健

東洋大学 INIAD(情報連携学部) 教授/学部長

プロフィール

1951年東京生まれ。
東洋大学教授 INIAD(情報連携学部)学部長、工学博士。
1984年からオープンなコンピュータアーキテクチャTRONを構築。携帯電話、家電、デジタル機器、宇宙機の組込OSとして世界中で多数使われている。現在、IoT社会実現のための研究を推進。2002年1月よりYRPユビキタス・ネットワーキング研究所長を兼任。IEEEライフ・フェロー、ゴールデンコアメンバー。東京大学名誉教授。
2003年紫綬褒章、2006年日本学士院賞受賞。2015年ITU150Award。

TOP