カンファレンスプログラム

AI-1 11月15日(水) 13:00〜13:45 アネックスホール[F201] 聴講登録はこちら

AIエッジコンピューティングの可能性

リアルタイム性の確保、データをオンプレで処理したいなど、製造業を中心に人工知能をエッジ側で処理したい要求がある。AIエッジコンピューティングのメリットや実現する為のソリューションを紹介する。

楠 貴弘

株式会社マクニカ ソリューション事業部 室長

ASIC ハードウェア開発を経験後、2000年にマクニカへ入社。ハイエンドプロセッサや組み込みソフトウェア、ツール製品などのFAEを担当。直近では、NVIDIAを担当しGPUとディープラーニングをお客様へ提案。また、IoTxAIコンサルティングや講演など、マクニカソリューションビジネス活動にも従事。

あなたへのおすすめカンファレンスはこちら