ET / IoT 総合技術展 関西

ET West 2017 / IoT Technology West 2017 ロゴ

カンファレンス情報 Conference Information

IS IPA特別講演

※下記の内容は、昨年(2016年)の内容です。

IoT時代の到来に向けた安全・安心な社会の構築への取り組み 分野横断的に活用できる「つながる世界の開発指針」の紹介

自動車や家電などのあらゆる製品がインターネットに接続し、製品同士が相互に接続するIoT時代の到来により、利便性が高まることが期待される一方、想定外のつながりにより、IoT製品の安全性・セキュリティを脅かすリスクの発生が懸念される。このような背景を踏まえ、IPAによる産学連携でのワーキンググループにて、IoT製品の開発時に考慮すべきリスクや対策に関する「つながる世界の開発指針」を策定した。本講演では、この取り組みについて紹介する。

高田 広章名古屋大学大学院 未来社会創造機構 教授

プロフィール 1988年東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻修士課程修了。同専攻助手、豊橋技術科学大学助教授等を経て、2003年4月より名古屋大学大学院 情報科学研究科 / 未来社会創造機構 教授。2006年4月より附属組込みシステム研究センター(NCES)長を兼務。リアルタイムOS、リアルタイム性保証技術、システムレベル設計、車載ネットワーク技術、ソフトウェアの安全性等の研究に従事。オープンソースのリアルタイムOS等を開発するTOPPERSプロジェクトを主宰。JAXAが打ち上げに成功したロケット「H-IIB」の誘導制御コンピュータの中にも、開発されたOSが搭載された。博士(理学)。

主 催

企画・推進

お問い合わせ

ET 事務局

Tel.03-5657-0756
etinfo@jasa.or.jp

IoT Technology 事務局

Tel.03-5657-0756
iotinfo@jasa.or.jp

  • OpenEL
  • E.I.S