Embedded Technology West 2015
ETWest2015 dates
ETWest2015 / SEJ 2015 in Osaka

イチオシ出展社紹介 Presented by 電波新聞

ブース:C-24 株式会社SRA

国内外で高実績誇るC++GUI開発フレームワーク
マルチプラットフォームに対応

 SRAは独立系の技術システムインテグレータとして、オープンソースソフトウエアの製品提供と受託開発においてエンタープライズ分野と組込み分野で多くの実績と経験を持つ。

 事業領域も組込みITサービスから金融ITサービス、文教ITサービス、業務システム構築、運用サービス、コンサルティングまでと幅広く、海外にも積極的に事業展開している。

 組込みITサービスでは高機能ゲーム機器、スマホ、カーナビ、業務用AV機器、複合機、通信機器などの組込みシステムを開発。組込み開発で求められる操作性品質向上に対しては世界60カ国5500社以上、国内でも数千社で採用実績があり、カーナビ表示や医療用計測器の操作パネルなどに使われているマルチプラットフォーム対応のC++GUI開発フレームワーク「Qt(キュート)」を提供。インタラクションデザイン方法論などからもアプローチし成果を挙げている。最先端製品開発にも研究支援の立場で参画し、顧客から高い信頼を得ている。

 初出展のETWestでも、一つのソースコードから複数のプラットフォームで稼働するアプリケーションを開発できるC++アプリケーションフレームワークのQtを紹介する。Unix、Linux、Windows、MacOSX用のアプリケーションを構築できることをアットマークのArmadillo、アップルのiPhone、ソニーのタブレットPC上の動作デモで見てもらう。

 これまで人手をかけていた組込みソフトウエアの検証作業(設定・操作・確認作業)を自動化した独自開発の組込みソフトウエア自動検証ツール「TestDepot」をPCの模擬テストデータを使用してデモ展示する。大学向け総合文教事務システムソリューション「UniVision」、ECサイト関連パッケージ「BELEGA」、開発プロジェクト管理ソフト「ProjDepot」、開発ソフトウエアの検索ソフト「CodeDepot」、電子メールのアーカイブ検索ソフト「MailDepot」の独自開発製品も紹介する。

 業務システム構築や文教ITサービスを中心に事業拡大してきた関西事業所は、今回のETWestで組込みITサービスにも注力していることをPRする。

(電波新聞 2015年6月4日掲載記事より転載)

来場者の方へ

出展社の方へ

ページ先頭へ