Embedded Technology West 2015
ETWest2015 dates
ETWest2015 / SEJ 2015 in Osaka

イチオシ出展社紹介 Presented by 電波新聞

ブース:B-14 ユーブロックスジャパン株式会社

LTEやGNSSモジュール紹介 大阪オフィス来月開設

LTEモジュール「TOBY-L2シリーズ」

 ユーブロックスは測位用半導体や無線通信モジュールの開発・販売を行うスイスの半導体メーカー。6月から大阪オフィスを開設し、西日本での営業や顧客サポートを強化する。拠点開設に合わせてETWに出展し、ビジネス拡大を目指す。

 同社はGPSやグロナス、ガリレオ、北斗などに対応した測位ソリューションをグローバルで展開しており、幅広いアプリケーションで採用されている。

 無線通信モジュールでは2Gから3G、LTEなどのセルラー通信で高い実績を持つ。昨年には複数のM&Aを通じて、近距離無線市場に参入。今年からWi-Fi、ブルートゥースモジュールなどを本格的に展開している。

 ETWではLTE、近距離無線、次世代GNSS、車載通信などの各種モジュールを紹介。評価ツールを用いたデモを行うほか、製品やパネルを展示する。

 LTEモジュールは現在、国内大手キャリアでの認証完了が目前となっており、7月には新製品としてリリースを予定している。

 近距離無線モジュールではWi-Fi/ブルートゥース/NFCのコンボモジュール「EMMY―W1」を自動車向けに提案している。マイナス40―85度の幅広い温度動作範囲を持ち、各種無線通信に対応した。

 次世代GNSSモジュールは、検出範囲を直径50㌢㍍まで高めた高精度技術を開発中。GPSやグロナス、北斗など複数のシステムを利用するとともにセンサーによる推測航法により、高精度の位置検出を実現する。

 これまで通信機器や産業機器での実績が高い同社だが、自動車分野にも注力している。将来の自動運転やADAS、コネクテッドカーを見据え、測位ソリューションのほかLTE、近距離無線通信モジュールに注力する。

 同社はIEEE802・11p対応のモジュールや、複数のGNSSに対応したコンボモジュール開発にも取り組んでおり、自動車の技術革新に貢献する。

(電波新聞 2015年5月21日掲載記事より転載)

来場者の方へ

出展社の方へ

ページ先頭へ