Embedded Technology West 2014
ETWest2014 dates

ETWest2014 / SEJ 2014 in Osaka
イチオシ出展社紹介 Presented by 電波新聞

東京コスモス電機株式会社(ブース:D-10)
超小型無線モジュール用 電池レス電源管理モジュール開発


 東京コスモス電機は、1957年に創業した電子部品メーカー。ポテンショメーターをはじめ、各種センサー、自動車電装部品などに加え、無線モジュール関連事業に取り組んでいる。

 その代表的な製品が、おはじき玉サイズの超小型IEEE802・15・4/Zigbee無線モジュール「TWE―Lite」。

 センサーネットワーク、HEMS、BEMS、FEMS、CEMS、M2M、IoTなど、世界で市場が拡大している多様な用途で装置の無線化を実現する。

 2・4㌐㌹帯無線を採用。小型、高性能なアンテナを組み合わせることで、小型装置の無線化を実現している。

 今回、新たに「TWE―Lite」および無線USBスティック「ToCoStick」専用の電源管理モジュールを開発した。

 このモジュールとソーラーパネルを組み合わせ、TWE―Lite、ToCoStickを利用することで、電池を使わずに無線プラットフォームを構築できる。

 「各種センサー、リモコン、ブザー、モーター、液晶などとつなぎ、電池を使わず簡単に無線通信で制御し、インターネットを介してパソコン上でモニターやコントロールすることが可能になる」(同社)。

 また、電源管理モジュールは、電気二重層キャパシタに充電する回路が内蔵されていることから、ソーラーパネルが発電しない夜間などでも継続的に動作する。

 今回の展示会では、温度センサーを使い、温度が上昇するとインターネットを介して扇風機が自動で運転を開始するといったデモを行う。


(電波新聞 2014年7月10日掲載記事より転載)



よく読まれているページ