Embedded Technology West 2014
ETWest2014 dates

カンファレンス/ヒートアップセッション

7月29日(火) 12:00-13:00 【ルーム5】 
組込み開発でのソフトウェアテスト自動化のライフサイクル

【講演内容】

近年、業界内でのテスト技術およびフレームワークの向上により、テスト自動化は珍しくない存在である。「テスト自動化」は、テスト工程の「省力化」が目的であると認識しやすいが、エンジニアリングプラクティスや活用方法により労力以外のメリット・デメリットが存在する。
本発表では、テスト自動化導入前後に想定される弊害や予兆とともに、現場での対処、構築、活用方法をお伝えし、テスト自動化に対する考え方を紹介する。

講師画像
【講演者】
水野 昇幸
関西検証コレクション 運営
【プロフィール】
某電機メーカーにて、通信システムのシステム設計とシステムテストフェーズを中心に、プロジェクトマネジメント、要求分析、テスト設計を担当。システムテストの自動化を2007年より業務にて実施している。
現在、WARAI(関西ソフトウェアテスト勉強会)運営、ETロボコン関西地区実行委員、関西検証コレクションに所属。ソフトウェアテスト、品質、テスト自動化、マネジメント、TOC(制約理論)に興味を持つ。
講師画像
【講演者】
徳 隆宏
関西検証コレクション 運営
【プロフィール】
大手SIerにて、システム開発を経験した後、組み込み開発・Webシステム開発でインスペクションおよび開発コンサルテーションに従事。現在、某電気メーカーにて、組み込み製品の設計チームリーダーとして、モデル検査・テスト設計・オブジェクト指向設計・レビュー等の品質技術力向上と、JIRA等ツールを用いたアジャイルチーム構築に没頭。SQiP研究員、ACM会員、JaSST Kansai実行委員会、関西検証コレクションに所属。



よく読まれているページ