Embedded Technology

カンファレンスプログラム

MCU・DSPトラック 無料/事前登録制

カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
MCU-1| 6月13日 (木) 15:15~16:00  5号館1階 展示会場内第2会場
ARMマイコンソフトウェアの移植テクニック
~実際にやってみて分かった「Cortex-Mマイコン」とソフトウェア移植のポイント~
【講演概要】
ARMの存在感は、デジタル家電や白物家電、産業機器、医療機器などに向けた汎用マイコン市場でも徐々に高まっており、各半導体ベンダからCortex-Mを搭載したARMマイコンのラインアップが続々とリリースされている。
本セッションでは、当社で実際にARMマイコンを使用した際の事例を紹介する。
また、Cortex-Mマイコンの特徴と既存のマイコンからARMマイコンへソフトウェアを移行する際の注意点やCortex-Mマイコンを使用したソフトウェア開発のポイントを解説する。

殿下 信二 氏
横河ディジタルコンピュータ株式会社
エンベデッドプロダクト事業統括本部 ARMサポートチーム 部長
【プロフィール】
産業用機器の開発に10年以上携わり、マイコンを使用した組込みシステムを極める。2001年に横河ディジタルコンピュータ㈱入社後は、インサーキットエミュレータ等のデバッグ支援ツールの開発に従事。2010年よりARM認定トレーニングセンタ長としてARMを使用するエンジニアのスキルアップ、サポートに注力。

MCU-2| 6月13日 (木) 16:15~17:00  5号館1階 展示会場内第2会場
低消費電力かつ高性能な製品開発を強力にサポートする開発ツールのご紹介
【講演概要】
「低消費電力化」「機能安全対応」といった開発における課題を強力にサポートする新機能、新製品をご紹介。
組込み開発向け統合開発環境のグローバル・スタンダードである IAR Embedded Workbench®に、IEC61508とISO26262に関する認証を取得したバージョンが新登場。
また、同じく新登場の電力測定用プローブ「I-scope」により、消費電力を見ながらソフトウェア・デバッグが可能な「Powerデバッグ」の機能と利便性が大幅に向上!

赤星 博輝 氏
IARシステムズ株式会社
技術チーム リーダ
【プロフィール】