Embedded Technology

カンファレンスプログラム

M2Mトラック 無料/事前登録制

カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
M2M-1| 6月13日 (木) 13:15~14:00  5号館1階 展示会場内第2会場
M2M(Machine-to-Machine)システム開発におけるクラウド接続と
消費電力削減の実際
~低消費電力センサ・ネットワーク・システム構築の基礎解説~
【講演概要】
ここでは、M2M(Machine-to-Machine)と呼ばれるセンサ・ネットワーク・システムの概要を初心者向けに解説する。機器間のネットワークは有線か無線かを問わず、多種多様な方式が混在しているのが現状である。まず事例として、センサからの情報をWi-Fiや3G回線を通してクラウド上で運用および活用するシステムを紹介する。続いて、組込み機器の観点、およびクラウド・コンピューティングの観点からM2Mシステムの理解に必要なネットワーク技術について解説する。M2Mシステムでは、ネットワーク技術のほかに、低消費電力運用や高品質、小型化、ローコスト化が同時に求められる。このような要求に応えるための手法についても説明する。

浦邉 康雄 氏
イー・フォース株式会社
営業部 サブマネージャー
【プロフィール】
半導体商社の技術開発部門を経て、Ethernet LSIのマーケティングおよびFAE、QAとして従事。その後、FPGAベンダのFAEを経て、現職の営業技術として勤務。
著書(共著)として、『Ethernetのしくみとハードウェア設計技法』(CQ出版社、2006年)がある。

M2M-2| 6月13日 (木) 14:15~15:00  5号館1階 展示会場内第2会場
ちっちゃい無線モジュール
【講演概要】
無線センサー・制御ネットワークとして脚光を浴びる IEEE 802.15.4 規格の新製品「ちっちゃい」無線モジュールを紹介する。また、東京コスモス電機が培った経験に基づいて実装されたマルチホップ中継ネットワーク、干渉対策のためのマルチチャネル動作を実現するためのプロトコルスタック ToCoNet (トコネット)、環境発電(エナジーハーベスティング)で利用可能な超省電力動作を紹介する。

奥村 成吾 氏
東京コスモス電機株式会社
ワイヤレス事業部 ワイヤレスユニット マネージャー
【プロフィール】
1996 東北大学工学部情報工学課卒業
1996 オムロン株式会社にて仮名漢字変換システムなどの開発に従事
2001 外資企業にてソフトウェア開発支援ツールの技術対応
2003 国内ベンチャー企業にて組み込みLinux技術開発
2006 外資企業にてZigBeeモジュールの開発・製造
2010 東京コスモス電機株式会社、ZigBeeモジュールの開発・製造、同モジュール上のソフトウェア開発