Embedded Technology 2014
ET 2014 dates
IoTでビジネスが変わる! 組込み技術が進化する!成長分野を支える最先端技術とソリューションをアピール

展示会/来場者プロフィール



Q.1 業種・職種

ソフト・ハード・システム等の「製品開発・設計・企画」に関わる技術者が全体の6割。
「カーエレクトロニクス」「SI・ソフトウェア・システムハウス」「医療関連」が増加。



業種



職種





Q.2 製品購入・技術導入に関する立場





Q.3 来場の目的<複数回答>

「製品購入・技術導入検討」が前回よりも約4倍に伸び、来場者の期待度がうかがえる。







Q.4 本展で導入を検討したい製品あるいは興味を持った製品/技術/サービス

「あった」と答えた人の来場の成果

必要な情報・人脈を得た56.7%
購入を検討したい製品・技術が見つかった28.8%
後日、アポイントメントをとった8.9%
共同開発を検討したい企業・団体が見つかった        7.0%
見積もりを依頼した2.2%
製品・技術の購入を決定した1.0%
その他5.1%

「あった」の回答が約8割を占める。
出展物(製品・技術・サービス)の関心度の高さが感じられる。





Q.5 来場者が関心のある応用分野<複数回答>

関心のある応用分野を選んだ方のコメント(多数意見一部抜粋)
  • クラウド連携による制御最適化装置。
  • 生体計測、医用画像解析、遠隔医療診断、救急医療向け通信システム。
  • 車関係での応用画像処理を新しい応用分野に適用する技術。
  • センサー技術を利用したスマートなエネルギー管理。
  • スマートフォン(WiFi接続)で実現された機能・サービスを実装する車載機器または家電製品。
  • 車載向け蓄電器の動向や車載画像認識センサ。
  • 業務用端末へのM2M通信モジュール組込み非接触充電。
  • M2Mを利用した新世代ICT技術の応用展開に興味あり。
  • ウェアラブルヘルスケアデバイスとクラウドサービス連携。
  • エネルギー効率のいいハウス栽培やハウス栽培の機械化。
  • モバイルとクラウドの連携によって高機能、多角化するデータ共有に拠る利便性とリスク、セキュリティ対策。

Q.6 今回出展された感想について


「大変よかった」「ほぼ満足」と回答いただいた理由


1小間~大小間まで幅広い出展社が「大変よかった」と回答。





Q.7 ブースを訪れた来場者について

数について

質について

来場者の方へ

出展社の方へ

メディアパートナー

併催イベント公式サイト

ページの先頭へ