早稲田大学 笠原・木村研究室
Kasahara & Kimura Laboratory, Waseda University
ブース番号
UI-02
東京都新宿区早稲田町27 早稲田大学40号館
[TEL] 03-3203-4485[FAX] 03-3203-4523
[URL] http://www.kasahara.cs.waseda.ac.jp/
Build. 40, Waseda University, 27 Waseda-machi, Shinjuku-ku, Tokyo
[TEL] +81-3-3203-4485 [FAX] +81-3-3203-4523
[URL] http://www.kasahara.cs.waseda.ac.jp/
対象応用分野
スマートアグリ 航空宇宙
交通システム ロボティクス
オートモティブ スマートエネルギー
スマート工場 デジタルヘルスケア
出展の見どころ
 早稲田大学 笠原・木村研究室は、マルチコア・メニーコア用OSCAR自動並列化コンパイラの研究開発を行い、
世界に類を見ない複数粒度タスク並列化とプログラム全域に渡るローカリティ最適化により、
世界最高レベルの並列化性能と世界初の自動電力削減を実現しています。
また、この技術の自動車、防災、医療、情報家電(スマホ、タブレットを含む)等への応用と人材育成を、
経済産業省の支援により創設されたグリーンコンピューティングシステム研究開発センターで多くの企業の皆様と共に取り組んでおります。

 OSCARコンパイラはC及びFORTRANで記述された逐次プログラムを自動的に並列化、
低消費電力化し、産学連携で策定したOSCAR API規格により、
生成した並列化プログラムを短期間で様々なマルチコア・プラットホーム(サーバも含め)に対し動作可能とします。

 ブースではOSCARコンパイラを組込み機器に適用した次のデモ展示を行います。
・H.264再生プログラムを、Intel Haswellで消費電力を1/3、Android搭載4コアARMマルチコア上で消費電力を1/4に削減
・MATLAB/Simulinkによるモデルベース設計自動車エンジン制御プログラムをSH4A2コア上で1.8倍に性能向上
・その他、Intelマルチコアプロセッサを搭載したノートPC上で自動並列化と並列実行実演等のデモをお見せします
産学連携パビリオンでお待ちしております。




【close】