Embedded Technology 2014
ET 2014 dates
IoTでビジネスが変わる! 組込み技術が進化する!成長分野を支える最先端技術とソリューションをアピール
ET 2014

イチオシ出展社紹介Presented by 電波新聞

株式会社NTTデータ数理システム(ブース:D-29) 半導体加工形状シミュレータ 3次元形状、精密に可視化

 NTTデータ数理システムはITと数理科学の基盤技術をベースに、シフト計画やデータマイニング、シミュレーションなど幅広いソリューションを提供している。

 使用される領域は各種製造業やIT、交通・社会インフラ、物流、建築、エネルギーなど多岐にわたる。最近ではビッグデータの活用に注目が集まり、データマイニングのツールやコンサルタントでの引き合いも増えている。

 同社では幅広い業界からのニーズに対応するため、多様なパッケージソフトを取りそろえるとともにソフトウエアの受託開発も行い、顧客の問題解決に貢献する。

 今回のET2014では半導体業界向けのソリューションを中心に出展。半導体製造に関わるエンジニアに向け、開発効率化につながる各種ツールの活用を提案する。

 半導体加工形状シミュレータ「ParadiseWorld―2」はマスクレイアウトや製造プロセスを基に、半導体製造工程をシミュレーションし、精密な3次元形状を可視化する。微細化・複雑化するデバイスの配線パターンを製造前に確認でき、製造プロセスの問題点も把握できる。

 各工程を担当するエンジニアが、3次元形状を見ながら議論することができるため、工程の分業化が進む半導体製造の現場での連携強化にもつながる。

 同製品は自社開発のた、カスタマイズも可能。今後は大規模なシミュレーションへの対応と演算時間の短縮を目指し、開発を進める。

 展示会では、MEMS回路連成解析ツール「MEMSpice」も出品。MEMS部品における機械部の動作特性から、回路・機械の密連携系までの解析を行う。センサーやアクチュエータ、スイッチなどの開発に最適だ。

 同社は、将来的には半導体EDAツールと連携し、MEMSを含む高機能半導体の設計開発環境の実現を検討している。

 展示ブース内ではシミュレーションのデモを行うほか、ポスターやパネルで各種ツールを訴求する。出展社セミナーにも参加し、「Paradiseworld―2」を紹介する。


(電波新聞 2014年10月31日掲載記事より転載)

来場者の方へ

出展社の方へ

メディアパートナー

併催イベント公式サイト

ページの先頭へ