Embedded Technology 2014
ET 2014 dates
IoTでビジネスが変わる! 組込み技術が進化する!成長分野を支える最先端技術とソリューションをアピール
ET 2014

イチオシ出展社紹介Presented by 電波新聞

株式会社ルネサスイーストン(ブース:B-16) ウエアラブル用評価ボード開発 車載コックピットに検知結果表示

 ルネサスイーストンは「SensingSolutions」をテーマに掲げ、ルネサスエレクトロニクス製マイコンと、各種センサーを組み合わせたソリューションの 提案に力を入れている。

 同社は、ルネサスエレクトロニクスをはじめとする半導体、電子部品、液晶、ボード、ミドルウエアを含むソフトウエアを取り扱う半導体商社。9月に東証一部上場を果たした。

 企画・設計段階からサポートを行う「コンセプトイン活動」を軸に自動車、産業機器、OA・民生の市場へのトータルソリューションを事業戦略の柱としている。

 特に車載分野では、必要とされるハードとソフトをワンストップで提案できるのが強み。次世代の統合コックピットに向けた、ジェスチャ操作、スマホによるドライバー識別、リア・サイドミラーのカメラ化や、センサーによる近接警告、HMIとしてのサウンドガイダンスなどに必要となる各種デバイス、ミドルウエア、評価ボードを取り扱う。

 新たなソリューションとしてウエアラブルに向けた評価ボードを開発した。リストバンド筐体に静脈センサー、加速度センサー、BLEモジュールを組み合わせ、車載コックピットに検知結果を表示する。

 リストバンド筐体に搭載するセンサーは、温度やガスセンサーをはじめとして、各種から組み合わせができる。アルコール検知可能なガスセンサーは、飲酒運転の防止などに利用が考えられる。

 また、クラウド環境におけるセンサーシステムでも高い技術力と実績がある。機器制御、遠隔監視、事故防止などの産業機器向けや介護、電力監視などのアプリケーションに対し「EnOcean」を活用したセンサーやM2Mの各種ソリューションを提供する。

 EnOcean技術を活用したシステムでは、赤外線、ドア・窓の開閉、温度など、各種センサーの情報をバッテリレスで928メガヘルツ帯無線を利用してタブレットに送信するソリューションをパートナー企業と構築した。

 同社は「システムの安全、安心、快適」をモットーに、各種センサーとマイコンを組み合わせた次世代アプリケーション向けソリューションを展開している。これらのシステムやデバイスは、11月19日からパシフィコ横浜で開催されるエンベデッドテクノロジー2014で見ることができる。


(電波新聞 2014年10月27日掲載記事より転載)

来場者の方へ

出展社の方へ

メディアパートナー

併催イベント公式サイト

ページの先頭へ