Embedded Technology 2014
ET 2014 dates
IoTでビジネスが変わる! 組込み技術が進化する!成長分野を支える最先端技術とソリューションをアピール

本セッションは満席となりました

ISO 26262ソフトウェア開発プロセスの改善事例

これまでの機能安全認証取得経験と豊富な機能安全開発経験を踏まえて、当社のISO26262ソフトウェア開発プロセスの改善事例について紹介する。規格書には明記されていない何を何処まで実施すればよいか要求事項のポイント、認証取得済プロセスの構築事例、そして開発コストの増加・社内定着の難しさなどのさまざまな課題に対する改善事例について詳しく解説する。

[講師]森川 聡久 氏 株式会社ヴィッツ 執行役員 機能安全開発部 部長

[プロフィール]入社以来、デジタル情報家電のソフトウェア開発と、車載向けソフトウェアプラットフォームの開発に従事。2006年より機能安全対応を率い、2010年4月に日本初のIEC61508 SIL3プロセス認証取得、2012年3月に世界初のISO26262 ASIL Dプロセス認証取得に成功する。この経験を活かして、現在社外向けに機能安全対応を支援している。その傍らで、システム開発文書品質研究会(ASDoQ)運営委員を務める。

来場者の方へ

出展社の方へ

メディアパートナー

併催イベント公式サイト

ページの先頭へ