Embedded Technology 2014
ET 2014 dates
IoTでビジネスが変わる! 組込み技術が進化する!成長分野を支える最先端技術とソリューションをアピール
ミニマルファブ 設計者を数量から解き放つ多品種少量型半導体製造システム

ミニマルファブは多品種少量デバイスに適した新しい半導体生産システムである。ユーザの求めに応じて、1個ずつデバイスを製造することができるようになる。我々は、すでに、リソグラフィの主要装置群のプロトタイプが完成した段階にあり、クリーンルーム無しでトランジスタを実際に製造できるレベルに到達している。講演では、概念、技術、マーケット、今後の展望などについて述べる。

[講師]原 史朗 氏 独立行政法人産業技術総合研究所ナノエレクトロニクス研究部門ミニマルシステムグループ長

[プロフィール] 早稲田大学理工学部助手、理化学研究所基礎科学特別研究員を経て、1993年、電子技術総合研究所入所。現在、独立行政法人産業技術総合研究所ナノエレクトロニクス研究部門・ミニマルシステムグループ長。H24年度より、ミニマルファブ開発を国家プロジェクト化し、プロジェクトリーダーを務める。

来場者の方へ

出展社の方へ

メディアパートナー

併催イベント公式サイト

ページの先頭へ