Embedded Technology 2014
ET 2014 dates
IoTでビジネスが変わる! 組込み技術が進化する!成長分野を支える最先端技術とソリューションをアピール
カンファレンス情報 Conference Information

DVT 設計・検証ツールトラック

IoT時代到来で新たに考慮が必要となるテスト戦略のご紹介 従来のシミュレーター(ドライバー、スタブ)に置き換わるサービス仮想化技術

競合他社との競争激化により開発期間の短期化が進んでいる。IoT(Internet of Things)時代においても、新規製品やサービスを他社に先駆けて市場へ投入することは、市場優位性を得る重要な要素であることに変わりはない。

しかし、モノとモノがネットワークで連携するIoT時代には、その「連携部分」においてもテストが必要となる。開発工数を要する従来のシミュレーター(テストドライバーやスタブ)に置き換わるサービス仮想化技術を用いた新たなテスト戦略を提案する。

[講師]飯山 正史 氏 テクマトリックス株式会社 ソフトウェアエンジニアリング事業部 テクニカルコンサルタント

[プロフィール] 米国に本社を置くテストツールの開発・販売、コンサルティング業務をおこなうソフトウェアベンダーParasoft Corporationの日本法人にて、サービス仮想化技術の啓蒙活動に従事。
2012年よりテクマトリックスに入社。同技術を中心に開発期間の短縮を実現する方法論をツールの活用を交えて啓蒙活動中。

来場者の方へ

出展社の方へ

メディアパートナー

併催イベント公式サイト

ページの先頭へ