Embedded Technology 2014
ET 2014 dates
IoTでビジネスが変わる! 組込み技術が進化する!成長分野を支える最先端技術とソリューションをアピール
カンファレンス情報 Conference Information

AP アプリケーショントラック

エナジーハーベスティング技術を使った無線機器の応用開発事例紹介

Internet of Things、M2Mが注目されている中で、あらゆる所に無線センサ端末を設置し、センシングしたデータを活用する無線センサネットワークが期待されている。そこで課題となるのが無線センサ端末の電源供給、電池交換の問題であり、今特にエナジーハーベスティング技術が期待されている。

本講演では、弊社エナジーハーベスティング用電源ICをもとに、本技術を使ったワイヤレスセンサー端末の応用開発事例について紹介する。

[講師]関根 景太 氏 スパンション アナログ事業部 マーケティング部 シニアプロダクトマーケティング エンジニア

[プロフィール] 半導体業界で12年以上の経験を持ち、電源ICをメインにR&D、FAE、マーケティング業務を経験。国内、アジアをメインにコンシューマ、産業、医療、自動車などの100社以上の幅広いコネクションをベースに現在はエネルギーハーベスティング製品およびソリューションの企画開発に注力。
2013年8月にスパンションに入社
以前は富士通セミコンダクター株式会社に所属。

来場者の方へ

出展社の方へ

メディアパートナー

併催イベント公式サイト

ページの先頭へ