Embedded Technology

カンファレンス/Conference

スマートエネルギートラック無料/事前登録制

11月20日(水) 10:30-11:15 展示会場内 カンファレンスB会場
横浜スマートシティプロジェクトの取組みについて

【講演内容】

横浜市は、環境問題だけに限らず、超高齢化社会にも対応した「誰もが暮らしたいまち」「誰もが活力あるまち」を目指している。それは、実際に暮らす市民や事業者が生活の中で「安全」や「安心」を感じることができる街であるが、「安全・安心」を実感頂くには、エネルギーマネジメントが重要な要素となっている。実証4年目となり、多くの方から関心が集まる「横浜スマートシティプロジェクト」についてご説明したい。

【講演者】
吉田 雅彦
横浜市役所 温暖化対策統括本部 プロジェクト推進課長
【プロフィール】
1989年(平成元年)横浜市入庁
2013年4月より現職
横浜スマートコミュニティ
~未来のコミュニティを創る構想と取組みについて~

【講演内容】

横浜スマートコミュニティは「本当に豊かで充実した社会生活のためには、自然に学ぶことが重要である」との理念に賛同した企業や団体とともに横浜市の支援を得て2011年に発足した。今年建設した次世代コミュニティモデルとなる研究・実験ハウス、「スマートセル」では、参画した各企業がエネルギーシステム、HEMS、情報機器などを自主的に持ち寄ってプロジェクトを進めている。未来のスマートハウス、エネルギーシステムの在り方を紹介する。

【講演者】
有馬 仁志
dSPACE Japan株式会社 代表取締役社長/
横浜スマートコミュニティ 代表
【プロフィール】
東海大学専門職大学院卒業。1982年より国内機器メーカーで制御系システム開発やTRONの開発を担当。1993年よりウィンドリバー社、Integrated Systems社、米国SDS社など外資系企業日本法人の上級管理職歴任。2000年にMontaVistaSoftware Japan社を設立、代表取締役社長就任。2006年dSPACE Japan株式会社の代表取締役社長に就任。2011年6月横浜スマートコミュニティ代表に就任。2013年からは、一般社団法人スマートシステム検証技術協会理事長に就任。電気自動車普及協議会幹事に就任。

ページの先頭へ

11月20日(水) 11:30-12:15 展示会場内 カンファレンスB会場
家電製品における高エネルギ効率のデュアルモータ制御

【講演内容】

この10年間、家電製品におけるブラシレス永久磁石モータの利用は着実に広がって来た。最近まで、これらのモータは台形波駆動を使ったブラシレスDCモータであった。しかし、デジタルシグナル コントローラ(DSC)の低コスト化と高性能化により、界磁制御等先進の制御アルゴリズムを使って効率を改善し、動作をスムーズにする事が可能となった。本講演では、DSCの進歩によって洗濯機と乾燥機(それぞれ2つずつモータを装備)等の応用製品で先進の制御アルゴリズムを使えるようになった事例を紹介する。これらの応用でもDSCはそれぞれ1つで済み、コストの削減、モータ効率の向上が可能である。

【講演者】
曹 亜君
マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社 シニア フィールド アプリケーション エンジニア
【プロフィール】
復旦大学(上海)コンピュータ サイエンス学部卒業後、日本の半導体商社にて10年間MCU製品のFAEとしてサポート。2004年2月マイクロチップに入社し、PICマイコン全般に関する技術サポートおよび16ビット製品の担当FAEとして、マイクロチップ製品に深く携わる。

ページの先頭へ

11月20日(水) 12:30-13:15 展示会場内 カンファレンスB会場
スマートハウスを実現するECHONET Liteの概要と機器開発の実際

【講演内容】

異なるメーカーの家電や設備機器どうしをつなげてスマートハウスを実現するための標準規格 ECHONET Liteは、HEMSにも推奨され、ネットワーク機器の新市場として期待されている。 本セッションでは、ECHONET Lite規格の概要、規格認証取得、また、当社がECHONET Liteミドルウェアを開発した経験を例に実際に組込み機器を開発する際のネットワークセキュリティや検証を含む技術的課題まで、ECHONET Liteに関し幅広く発信する。

【講演者】
岩渕 厚郎
図研エルミック株式会社 開発本部 副本部長
【プロフィール】
ネットワーク技術のミドルウェア開発に長年にわたり従事。 ECHONET Liteのミドルウェア開発には製品企画段階から携わっている。

ページの先頭へ

11月20日(水) 13:30-14:15 展示会場内 カンファレンスB会場
ホームネットワークからスマートグリッドにおけるEMSネットワークソリューションの展望

【講演内容】

日本においてエネルギーに関する意識が急速に高まる中、当社では組込み事業とシステム開発事業で長年培った監視・制御・ネットワークの技術力を活かした事業展開を実施している。 本講演では、電力オートメーションで求められる国際標準規格であるIEC61850や、スマートメータで求められるWi-SUN、ホームネットワーク構築に不可欠なECHONET Lite等のネットワーク技術によるEMSソリューションを紹介する。

【講演者】
小松 宣夫
株式会社日新システムズ ソリューション事業部 技術統括部長
【プロフィール】
1991年日新システムズに入社。以来、一貫して監視・制御・ネットワークの開発にあたる。2011年よりEMS製品を中心にした開発事業に従事している。

ページの先頭へ

11月20日(水) 14:30-15:15 展示会場内 カンファレンスB会場
スマートハウス動向とTIソリューション

【講演内容】

ECHONET lite、スマートメータBルート、Open ADRなどスマートハウスを構成する通信、情報の連携がより具体化してきた。また海外では情報通信の新しい世界観(IOT)の議論が活発である。本セミナーではスマートハウスを取り巻く動向を紹介するとともに、TIのスマートハウスに向けたソリューションを紹介する。

【講演者】
酒井 正充
日本テキサス・インスツルメンツ株式会社 営業・技術本部 マーケティング部 フォーカスドEEマーケティング エネルギー担当 主事
【プロフィール】
2000年 日本テキサス・インスツルメンツ入社 テクニカルスタッフ部 所属
2002年 同社 デジタル・オーディオ事業部 所属
2008年 同社 フォーカスドEEマーケティング 所属 (現職)スマートグリッドなどエネルギー分野のビジネスデベロップメントを担当

ページの先頭へ

11月20日(水) 15:30-16:15 展示会場内 カンファレンスB会場
エナジーハーベスティング電源を用いた電池レスソリューションの実現手法

【講演内容】

ワイヤレスセンサーノード等の電池レスソリューションをどのように実現するか?そのために必要な構成例を、エナジーハーベスティング電源ICを中心に解説します。 また、実際の端末設計の際に必要となるハーベスター(発電素子)、マイコン、外付け部品などの選定方法をオンラインシミュレーションサービスを利用して分かりやすく紹介。 最後に、電池レス・ワイヤレスセンサーノードのデモを簡単にお見せします。

【講演者】
夏目 雅弘
スパンション・イノベイツ株式会社 アナログ事業部 マーケティング部 課長
【プロフィール】
1999年富士通VLSI株式会社に入社し、小型デジタル機器向けシステム電源ICをはじめとする低消費電力アナログICの開発業務に従事。2011年より電源IC、LEDドライバ、エナジーハーベスティングなどのアナログICおよびソリューションのマーケティングを担当。現在はスパンション・イノベイツ株式会社に在籍。

ページの先頭へ

ページの先頭へ