Embedded Technology

カンファレンス/Conference

FPGAトラック無料/事前登録制

11月21日(木) 10:30-11:15 展示会場内 カンファレンスA会場
FPGA のメリットを一挙公開 ― FPGA 入門講座 ―

【講演内容】

いま製品開発のキーデバイスとして、注目を集めている FPGA。耳にしたことはあるものの詳しくは知らない、FPGA は知っているが最近の動向は詳しくない、今後 FPGA を使ってみたいと思っている方まで、FPGA の基本から紹介する。 本セッションでは、FPGA の利点、そして FPGA 開発ソフトウェアを使用した FPGA 設計方法についても丁寧に解説する。

【講演者】
エリアス・アフメッド
日本アルテラ株式会社 マーケティング部 プロダクト・マーケティング・マネージャー
【プロフィール】
アルテラ・コーポレーションにて、シニア・ソフトウェア・エンジニアとして、6年間 EDA ソフトウェア開発、および Quartus II 開発ソフトウェアの配置配線設計に従事した後、日本アルテラ株式会社に入社。低コスト FPGA 「Cyclone」 シリーズ、CPLD 「MAX」 シリーズのプロダクト・マーケティングを担当する。

ページの先頭へ

11月21日(木) 11:30-12:15 展示会場内 カンファレンスA会場
最先端 20nm & 14nm FPGA における 超高速インタフェース技術

【講演内容】

FPGAはハードウェアによるプログラマビリティを核に、市場の要求に応じて常に進化し続けている製品である。更なるファンクショナリティとバンド幅の増強を実現するためには、最先端の半導体プロセスと共に、これまでに無い応用技術が求められる。 本セッションでは、アルテラの最先端 20nm & 14nm FPGA製品の技術ハイライトと共に、外部メモリを含むインタフェース技術を中心に、次に来る技術トレンドの波を紹介する。

【講演者】
橋詰 英治
日本アルテラ株式会社 マーケティング部 シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャー
【プロフィール】
外資系ASICベンダーにて、エンジニアとしてASIC設計サポートに従事。その後、2003年、日本アルテラ株式会社に入社。シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャーとしてFPGA およびASIC製品のマーケティングを担当。

ページの先頭へ

11月21日(木) 12:30-13:15 展示会場内 カンファレンスA会場
<本セッションは満席となりました>
最新 ARM 内蔵 FPGA を使うには
~Cortex-A9 システムとソフトウェアの実装~

【講演内容】

ARM Cortex-A9 と FPGA を統合したアルテラ SoC は、コンパクト化と低消費電力化に最適なデバイスである。本セッションでは、アルテラ SoC デバイスの概要と、プロセッサを含めたハードウェアのデザイン方法、サポートされる OS やソフトウェア開発のツール、ソフトウェアとハードウェアの協調デバッグ手法を紹介する。

【講演者】
小山 崇之
日本アルテラ株式会社 マーケティング部 プロダクト・マーケティング・マネージャー
【プロフィール】
日本企業で、メモリ周辺機器、開発ツール等のハードウェア開発に従事し、海外RTOSベンダーにて開発ツール、開発メソドロジのFAEを経験。その後、2006年、日本アルテラ株式会社に入社。プロダクト・マーケティングで組込みソリューションを担当。

ページの先頭へ

11月21日(木) 13:30-14:15 展示会場内 カンファレンスA会場
永遠の課題"FPGAの品質向上"の扉を開く!
~実機デバッグの限界を解決するノウハウを教えます!~

【講演内容】

昨年、満席に迫る集客を頂いた「FPGA設計品質向上のコツ教えます!!」から一年。セミナー等を通してお客様の生の声を聞き、更なる設計品質向上を求めて抜本的な解決策を具体的な事例を挙げて紹介する。 設計レス、設計/検証自動化の動向に遅れないよう、FPGAユーザーはどのように設計すれば良いか? シミュレーション、実機検証をどう切り分けて検証したら良いか? 本講演の受講により、そのヒントが見つけられるはずである。

【講演者】
二見 誠一
CMエンジニアリング株式会社 設計・検証サービス部 マネージャー
【プロフィール】
国内電機メーカーにて、交換機向けLSI、システムLSIの開発に携わる。 2003年以降からランダム検証を取り入れた第三者検証サービスに従事し、2010年にCMエンジニアリング株式会社へ入社。 検証メソドロジを中心とした最新検証手法を使用した開発に携わり、現在に至る。

ページの先頭へ

11月21日(木) 14:30-15:15 展示会場内 カンファレンスA会場
Xilinx Zynq-7000 All Programmable SoCが最も賢いソリューションである9つの理由
~単なるシリコンではない包括的なプラットフォーム~

【講演内容】

ザイリンクスの Zynq®-7000 All Programmable SoC は、ハードウェア、ソフトウェアおよび I/O プログラマビリティを介して、広範囲にわたるシステム レベルの差別化、統合、柔軟性を可能にし、リアルタイムのハードウェア ベース プロセッシングと最適化されたシステム インターフェイスを使用し、ソフトウェア ベースの制御と解析を連動させて、よりスマートなシステムを設計できる。Xilinx Zynq-7000 All Programmable SoCが最も賢いソリューションである9つの理由を紹介する。

【講演者】
遠山 和徳
ザイリンクス株式会社 マーケティング部 Zynqビジネス開発マネージャー
【プロフィール】
20年以上に渡りセールス・マーケティングとしてASIC、SoC、FPGAのデバイス・テクノロジー並びに設計手法、検証ソリューション、IP、エンベデッドシステムおよびデザイン・コンサルテーションに従事。通信装置、産業機器、医療機器、放送映像機器、テスト計測機器、車載機器等の主要セグメントのトレンドを先取りし、システム・ソリューションやビジネスモデルを提案し、顧客の潜在的な課題解決にも貢献。

ページの先頭へ

11月21日(木) 15:30-16:15 展示会場内 カンファレンスA会場
ザイリンクス Zynq-7000 All Programmable SoC 採用事例 ビフォーアフター

【講演内容】

ザイリンクス Zynq-7000 All Programmable SoC採用前と採用後のシステムアーキテクチャーを、エコシステムパートナーソリューションと簡易ブロック図でわかりやすく紹介。お客様へZynq採用のアイディアを提案する。

【講演者】 ※講演者の変更がありました
中島 英雄 氏
東京エレクトロン デバイス株式会社 PLD事業部 PLD技術部 グループリーダー
【プロフィール】
東京エレクトロンデバイスにて10年以上に渡りFPGAを主体とするフィールド アプリケーション エンジニアとして従事。
ザイリンクス製品の技術サポートチームのグループリーダーとしてお客様サポートを行っている。

ページの先頭へ

11月22日(金) 10:30-11:15 展示会場内 カンファレンスA会場
ザイリンクスUltraScaleアーキテクチャ
~ 真の次世代アーキテクチャ~

【講演内容】

ザイリンクスのUltraScaleアーキテクチャには、数百もの設計拡張が盛り込まれており、これらの拡張は、機能的にも、実行速度的にも、1ワット当たりの性能的にも、これまでにない性能を持つシステムを設計チームが作成できるよう、相乗効果的に組み合わされている。UltraScaleアーキテクチャとVivado Design Suiteを組み合わせることで、お客様にとってどのように次世代のシステムレベルの機能が実現できるかを紹介する。

【講演者】
査 錚
ザイリンクス株式会社 マーケティング部 プロダクト マーケティング スペシャリスト
【プロフィール】
2001年に来日し、明治大学 商学部 マーケティング専攻コースで留学。 卒業後、日系半導体メーカーにて、マーケティング、セールスエンジニアとして従事。2012年にザイリンクス株式会社へマーケティングスペシャリストとして入社。

ページの先頭へ

11月22日(金) 11:30-12:15 展示会場内 カンファレンスA会場
業界初の SoC 向け設計環境 ザイリンクスVivado Design Suite
~すべてが加速~

【講演内容】

Vivado® Design Suite は、システム レベルの統合およびインプリメンテーションにおける生産性問題にゼロから取り組んで構築した SoC 向けの IP とシステムを中心とする次世代開発環境を提供している。インプリメンテーション時間、IPの生成と統合、検証、QoR呼びリソース使用率、すべてが加速するソリューションを紹介する。

【講演者】
査 錚
ザイリンクス株式会社 マーケティング部 プロダクト マーケティング スペシャリスト
【プロフィール】
2001年に来日し、明治大学 商学部 マーケティング専攻コースで留学。 卒業後、日系半導体メーカーにて、マーケティング、セールスエンジニアとして従事。2012年にザイリンクス株式会社へマーケティングスペシャリストとして入社。

ページの先頭へ

11月22日(金) 12:30-13:15 展示会場内 カンファレンスA会場
FPGAを凌駕するハイパフォーマンス3PLDデバイスと応用例の紹介

【講演内容】

プログラマブルデバイスは、製造プロセスの微細化により年々高集積化が進んでいるが、動作周波数は頭打ち傾向となっている。 この状況を打破し、2GHzの超高速動作を実現する「Tabula社のSpacetimeアーキテクチャを採用した3PLDデバイスとその応用例」を紹介する。

【講演者】
吉川 賢一
株式会社ルネサスイーストン LSI開発部 担当部長
【プロフィール】
外資系半導体ベンダーにて、フィールド アプリケーション エンジニアとしてFPGAサポートに従事。 主に通信アプリケーション関連顧客への技術提案、技術支援を行う。 その後、2013年、ルネサスイーストンにてTabula社 3PLDデバイス製品を担当。

ページの先頭へ

11月22日(金) 13:30-14:15 展示会場内 カンファレンスA会場
FPGAサインオフに欠かせない検証技術と検証資産の再利用

【講演内容】

FPGAを実機でサインオフしフィールドで簡単に対応できる時代ではなくなった。それこそASICやSoC設計の「テープアウト」に求められるような条件をゴールに、カバレッジを測定しながらプロジェクトを推進する必要がある。その際に数多くのプロジェクトが抱えている共通の重要課題は何か。その課題を理解し、解決に向けて先手を打つ必要がある。このセッションではFPGAサインオフに欠かせない検証技術と検証資産の再利用について解説する。

【講演者】
三橋 明城男
メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社 マーケティング部 ディレクター
【プロフィール】
1989年 メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社入社。カスタマ・サポート、 シリコンベンダ・サポート・マネージャー、AEマネージャー、機能検証やESL - Electronic System Level を始めとするソリューションのフィールド・マーケティング・マネージャーを経て、現在はマーケティング部ディレクターを務める。

ページの先頭へ

11月22日(金) 14:30-15:15 展示会場内 カンファレンスA会場
アルテラの産業機器向けソリューション
~産業機器で活用されているアルテラ FPGA ソリューション~

【講演内容】

アルテラのフォーカス分野の1つである産業機器分野における最先端ソリューションを紹介すると共に、さまざまな産業用アプリケーションで使われているアルテラFPGAのメリットを解説する。

【講演者】
吉田 賢二
日本アルテラ株式会社 カスタマー・マーケティング カスタマー・マーケティング・マネージャー
【プロフィール】
外資系半導体メーカーにてDSP設計、マーケティングに従事。2007年、日本アルテラに入社。放送機器分野やコンシューマ分野を経て現在産業機器分野のマーケティングを担当。

ページの先頭へ

11月22日(金) 15:30-16:15 展示会場内 カンファレンスA会場
車載機器におけるSoC FPGA組込みソリューション最新情報

【講演内容】

車載システムの電子制御が益々複雑化・高度化し、開発サイクルが短縮化していく市場の要求に対し、いかにトータルコストと開発リスクを低減して対応していくかが大きな課題となっている。 FPGAは既に車載機器開発におけるキーデバイスとして量産システムへの搭載が進んでおり、今回はその最新事情とSoC FPGAを活用した今後の開発手法を具体的な事例を交えて紹介する。

【講演者】
生嶋 孝之
日本アルテラ株式会社 インダストリアル&オートモーティブ ビジネスユニット オートモーティブ担当 マーケット・デベロプメント・マネージャー
【プロフィール】
電子部品メーカーにて5年間欧州に駐在し、営業・マーケティングを担当した後、2005年に日本アルテラ株式会社に入社。西日本地区セールス・マネージャを務め、2012年よりUS本社直轄のオートモーティブ市場専任マーケット・デベロプメント・マネージャに就任。

ページの先頭へ

ページの先頭へ