サンリツオートメイション株式会社
Sanritz Automation Co., Ltd.
ブース番号
A-21
東京都町田市南成瀬4-21
[TEL] 042-728-6123[FAX] 042-729-5775
[URL] www.sanritz.co.jp
4-21, Minami-Naruse, Machida-shi, Tokyo
[TEL] 042-728-6123 [FAX] 042-729-5775
[URL] www.sanritz.co.jp
対象応用分野
スマートエネルギー オートモーティブ/交通システム
ロボティクス モバイル/クラウド
スマートヘルスケア スマートアグリ
出展の見どころ
様々な分野に応用可能な、組込み用プラットフォームを紹介致します。
長年の産業用システム開発で培った知恵と、独創的な技術・アイデアに依り、
お客様のシステムがより進化する、嬉しいソリューションを提案致します。

■遠隔操作IPシステム(TPIP3)
 オリジナルの通信/画像遅延補正技術により、距離を感じさせない臨場感ある
 ロボットの遠隔操作や、画像処理を伴うリモートブレイン型の計測制御を
 双方向IP通信で実現するプラットフォームです。
 遠隔監視と計測制御の両機能を名刺サイズ面積の小型モジュール1台に凝縮した
 製品TPIP3をご覧ください

■遠隔監視用 可動式屋外ネットワークカメラ(STC4000)
 熱・振動等の耐環境性能に優れた、産業向け屋外監視用ネットワークカメラです。
 HD(327万画素)の高画質映像を、H.264/M-JPEGによる圧縮伝送で配信。
 また、パン・チルト・ズーム機能で少ない設置台数で広範囲をカバーします。
 オープンな通信仕様で、かつ各種OS用APIも用意していますので、お客様が
 容易にシステムに組込み、自由に制御させることができます。

■ARM+Linux搭載パネルコンピュータ(SP-X51)
 CPUにARM(Freescale i.mx515)、OSにLinux2.6を採用
 ファンレス、HDDレス(SDカードブート)等、経年劣化部品を排除した耐久性・
 耐環境性に優れた、オープンプラットフォームです。
 既存の一般的なLinux向けソフトウェア開発環境が使用できますので、ソフト
 ウェア実装の自由度が高いことをご要望されるお客様に適しています。

■無線式同期トリガジェネレータ(TTIO-TG)
 Wi-Fi環境下にて、1μsecの同期精度で、複数の計測器/センサー類を
 同期させることが可能なトリガジェネレータです。
 ケーブル配線が困難な距離間や位置、GPSの届かない屋内環境や建造物
 密集地でも、GPS・IEEE1588に迫る精度で同期がとれます。

■ボードコンピュータ
 CompactPCI新製品SC2810(Atom E3845)、VMEbus新製品SVP551(QorIQ P3)を
 はじめ、ローコストからハイエンドまでの産業用CPUボード製品ラインアップ。
 カスタマイズや各種IOボード・筐体含めた受託開発も少量ロットから対応します。



【close】