東海ソフト株式会社
TOKAI SOFT
ブース番号
E-20
愛知県名古屋市西区二丁目15番1号
[TEL] 052-563-3571[FAX] 052-571-0722
[URL] http://www.tokai-soft.co.jp/
2-15-1 Sinmichi, Nishi-Ku, Nagoya-Shi, Aichi-Ken
[TEL] 052-563-3571 [FAX] 052-571-0722
[URL] http://www.tokai-soft.co.jp/
対象応用分野
スマートエネルギー オートモーティブ/交通システム
ロボティクス モバイル/クラウド
スマートヘルスケア スマートアグリ
出展の見どころ
東海ソフト株式会社は創業以来、独立系ソフトハウスとして、
品質第一・納期厳守・アフターサービス充実をモットーに、
積極的に新技術を取込み、事業展開してきました。

組込みソフトウェア開発、FAシステム開発等、一貫して手がけ、
蓄積したノウハウを基に、提案から開発までをお手伝い致します。

【製品紹介】
■TOPPERSのオープンソースソフトウェアを利用したデモを展示します
TOPPERS成果物を利用した組込みシステム開発の事例、組込みシステムのソリューション事例・提案をご紹介いたします。

1.TOPPERS SafeGを利用した展示デモ
SafeGはARM TrustZoneを利用し、1プロセッサ上でRTOSと汎用OS(Linux、Android等)を同時実行するOSモニタです。 SafeGを組み込むことで、汎用OSからの不正なアクセスやクラッシュからRTOSを保護することが可能です。

2.TOPPERS RTOSポーティング、ドライバ、アプリ開発事例の紹介
TOPPERS/ASPカーネルのポーティング事例、CAN通信ミドルウェア、SAE J1939対応通信ミドルウェアなどの事例をご紹介します。

3.組込みLinux OpenCV/OpenNI画像処理デモ
OpenCVによる色判定とOpenNIによるモーション認識のデモをご紹介します。

4.東海ソフト、ビースラッシュによるリファクタリングのご提案
東海ソフト製 イベント駆動型フレームワークである 「PENTAS」 と、ビースラッシュ製 1クリック
リバースツール 「AtScope」 を活用したリファクタリング手法をご紹介します。
ライントレースロボット(ARMマイコン搭載)でPENTASを利用した
組込みソフト開発の例をご紹介します。



【close】