Embedded Technology

出展社情報/Exhibitors Infomation

ワークショップ

聴講無料 事前登録は不要です。当日会場へ直接お越しください。 1単位45分

  11月20日(水) 11月21日(木) 11月22日(金)
11:00〜11:45 SDアソシエーション イマジネーションテクノロジーズ株式会社 株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・ソリューション
12:00〜12:45 イマジネーションテクノロジーズ株式会社 コベリティ日本支社 株式会社日新システムズ
13:00〜13:45 HD-PLCアライアンス 株式会社エルイーテック MathWorks Japan
14:00〜14:45 HD-PLCアライアンス SDアソシエーション ロチェスター エレクトロニクス
15:00〜15:45 HD-PLCアライアンス 株式会社日新システムズ 東芝情報システム株式会社
16:00〜16:45 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 イマジネーションテクノロジーズ株式会社 SDアソシエーション

(最終更新日:11/05)

ワークショップ
展示会場内ワークショップ特設会場

11:00〜11:45  イマジネーションテクノロジーズ株式会社

電力効率よく性能発揮するグラフィックス

最近の機器の表示機能の高性能化に伴い、グラフィックスに要求される性能はますます高くなってきました。しかし機器のほうは全体の消費電力、内部のバス幅等の制限があります。低い消費電力、少ないバスバンド幅でいかに高性能を実現するか、グラフィックスへの要求は止まりません。

ページの先頭へ

12:00〜12:45  コベリティ日本支社

コードとテストの質でサプライチェーンを統治する

精度の高い静的解析技術の利点の1つは、不具合を自動的に検出、カテゴライズして、コードの質を客観的な数値(メトリクス)として捉えることにあります。この客観的なメトリクスは、内製、アウトソース開発チーム、オープンソース、サードパーティのコードなどソフトウェアサプライチェーン全体のコード品質状況を捉え、管理していくために利用できます。
本セッションでは、Coverity Quality Advisor の機能概要を説明し、解析したコード品質メトリクスを利用したコード受入れ基準の設定や、モニタリングおよび統制を行う Coverity Policy Manager をご紹介します。また、静的解析技術をコード変更の影響分析に応用した Coverity Test Advisor を合わせてご紹介し、単体テスト自体の質を向上させる手法についてもご紹介します。

ページの先頭へ

13:00〜13:45  株式会社エルイーテック

高レジリエンス・マイコンの技術と製品の紹介

2011年のETアワードで最優秀賞に輝いた高レジリエンス・マイコン技術「FUJIMI」の内容とスパンション社からの対応マイコンの紹介をします。受賞から2年経過し、製品化と実用化が徐々に進んでいます。

ページの先頭へ

14:00〜14:45  SDアソシエーション

New Generation SD Interface (UHS-II) Specification & Test Guideline

「新世代超高速SDカードバスインターフェイスUHS-II規格概要とホスト機器開発加速をサポートする電気特性試験、プロトコル試験、各試験機器及び試験ガイドライン等の試験環境整備状況をご紹介します。」

ページの先頭へ

15:00〜15:45  株式会社日新システムズ

省エネ社会を支援するエネルギーマネージメントソリューション

エネルギーマネジメントシステム構築に必要なECHONET Liteから、スマートグリッド(電力流通ネットワーク)全体を視野に入れた日新システムズの新たなソリューション提案をご紹介します。

ページの先頭へ

16:00〜16:45  イマジネーションテクノロジーズ株式会社

MIPSの新たな挑戦

CPUの世界では、PC系のIntel, 携帯系のARMがポピュラーですが、サーバー系、ネットワーク系、TV/STB系ではMIPSがこれまで頑張ってきました。しかしAndroidの台頭に伴い、Intel, ARMに並ぶCPUとしてMIPSが注目を浴びています。RISCプロセッサーの元祖MIPSが躍進いたします。

ページの先頭へ