Monoidics Ltd.
Monoidics Ltd.
ブース番号
B-52
105-0001 東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル 7F
[TEL] 03-4530-9760[FAX] 03-3861-3518
[URL] http://www.monoidics.com
7F Toranomon 40 MT Building 5-13-1, Toranomon, Mnato-ku, Tokyo, Japan 105-0001
[TEL] +81-3-4530-9760 [FAX] +81-3-3861-3518
[URL] http://www.monoidics.com
対象応用分野
スマートエネルギー オートモーティブ/交通システム
ロボティクス モバイル/クラウド
スマートヘルスケア スマートアグリ
出展の見どころ
Monoidics社は英国のアカデミックな世界から生まれた設立5年のベンチャー企業であり、Deep Heap Analysisの先端を行くSeparation Logicを使った、世界で初めての商用ソフトウエア解析ツール-Infer としての技術を確立した唯一の企業です。 Inferを用いると、プログラムコード上の複雑なデータ構造を扱う時のポインタ操作による欠陥が無いという、メモリ操作の健全性をシステムワイドに(関数間にまたがって)数学的に証明することができます。 数学を用いた証明には、通常数理論理学の知識を持った人が証明に使用する条件(事前/事後)を形式的に扱うことが求められてきましたが、Inferは、ツール自身が、ソースコード上の情報から条件生成ならびに証明までを自動で行います。よって数理論理学のエキスパートでなくても証明による結果(メモリ操作の健全性)を得られます。 
証明が目的の検証ツールになりますが、証明というアプローチの中でコード上の問題を見つけると、メモリ関連のバグ(メモリーリーク等)として特定しレポート致します。テストを重ねても漏れる不具合、原因追及が困難な不具合などのランタイムエラーを上流工程にて静的に検証できることで、開発コストの削減に貢献できます。 証明を利用することで、品質の基準を設けることができ、特に受入れ検査にも利用することができます。



【close】