Embedded Technology

Embedded Technology 2012 会期:2012.11.14(水)/15(木)/16(金) 会場:パシフィコ横浜

  • ETについて ABOUT
  • 出展者情報 EXHIBITORS
  • カンファレンス CONFERENCE
  • 企画・イベント EVENT
  • プレスの皆様へ PRESS

企画・イベント

ETアワード2012

会期中のご案内

ETアワード受賞式 
    11月16日(木)16:30~17:00 パシフィコ横浜 展示会場内メインステージにて
ETアワード紹介コーナー
    展示会場Dゾーンにて受賞社の製品・ソリューションをパネル展示

ET アワード2012審査委員長総評

本年度のET アワード2012の応募件数は、6部門全体で61件であった。今年度の募集の特徴はET2012の展示に沿ったソリューションを評価することである。ソリューションを重視したのは次の観点によるものである。  これまでの日本のモノづくり、とりわけ製造業の競争力は、部品や設計開発技術あるいはツールを提供するサプライチェーンの厚みに力の源泉があったと言えよう。しかし、マーケットが世界規模となり、サプライチェーンも世界へ向かって拡散する今日、明らかに国内産業は弱体化しつつある。モノづくりに加えてコトづくりへ、あるいはモノの提供に加えてアウトカムの創出へと技術思想の転換を図る時代を迎えていると言える。これからの組込み業界の発展と国内産業の活性化を図るには、自社の製品のみでなく既存製品を組み合わせるなど、貪欲にコトづくりやアウトカムを提案できるようになる必要がある。その具体的な姿がサービスを含むソリューションの提案であり、技術的イノベーション一辺倒ではなく、既存のモノの付加価値をより高い次元に引き上げるリノベーションを重視すべき時代に移っているのである。組込み系の多くの企業にとっては、こうした観点は晴天の霹靂であろうことは承知の上で、審査させていただいた。
 審査方法は、書類審査に関わる1次審査を7名の委員で形式チェックを中心に行い、候補を絞りこんだ。その上で、半数以上の委員を入れ替えた10名の委員による最終審査会を開催し、各部門の優秀賞を決定した。決定に至るまでには、各委員による応募書類の読み込み、疑問点が解消されるまでの活発な意見交換等がなされ、すべて全員一致をもって 決定した。その結果、残念ながらモバイル/クラウド部門およびロボティクス部門の該当はなかった。  残念ながら僅差で受賞できなかった応募もあった。しかし、ソリューションを提案するという観点に立って、自社の技術をアピールすることに慣れていない応募書類が多く見受けられた。今後は、自社の固有技術のみでなく、他社の技術も組み合わせたソリューションを提案できるように取り組んでいただければと期待するところである。

ET アワード2012各賞寸評
スマートエネルギー部門 優秀賞
「エナジーハーベスティング電源IC技術による
   エコ&スマートLED照明ソリューション」

微弱なエネルギー(光、振動など)を活用し、電池レスリモコンを実現
微弱なエネルギー(光、振動など)を活用して電池レスリモコンを実現するソリューションであり、さらにこのリモコンによるLED照明の自動調整を応用事例を提案している。

オートモーティブ/交通システム部門 優秀賞
「準天頂衛星対応の高精度移動体測位ソリューション」

移動体測位に対応する最適化アルゴリズムを独自開発
準天頂衛星からの信号を受けて、移動体測位に対応する最適化アルゴリズムを独自開発しており、我が国の産業振興や国の安心安全につながるソリューションである。

スマートアグリ部門 優秀賞
「スマート圃場システムを使った地域農業の振興」

センサネット+OSGi+SNSによる圃場管理高度化
次世代への農業技術の継承をも可能とさせるスマート圃場システムを確立するための 効率性・信頼性・拡張可能性が高いセンサネットである。

スマートヘルスケア部門 優秀賞
「非焦電性有機圧電フィルムセンサを用いた歩行測定システム」

無線通信モジュールとフィルム状の有機圧電センサを靴の中敷きに実装し、歩行時の重心移動を検出
無線モジュールとフィルム状の有機圧電センサを靴の中敷きに実装し、歩行時や運動時の重心移動や歩き方を検出でき、歩き方の矯正による健康増進に応用できるソリューションである。

委員会特別賞
「Smart Analogによるセンサシステム向けアナログ回路開発プラットフォーム」

アナログ回路をソフトで設計/再構成できる短期開発ソリューション
アナログ回路をソフトで設計/再構成できるという、いわばFPGAのアナログ版であり、これまでの開発期間に対し、はるかに短期間で開発できるソリューションである。

ロボティクス部門、モバイル/クラウド部門
該当なし

 

募集要項

今、日本に求められているのは、国内産業を活性化し、新たな市場を生む原動力となるイノベーションです。
そしてイノベーションを生み出すポテンシャルをもつ産業として、組込み業界にかかる期待は小さくありません。
こうした状況のもと、ET2012を主催する組込みシステム技術協会は、組込み業界の発展と国内産業の競争力向上に寄与する、優れた組込み製品や技術、ソリューション(サービス)を発掘し、その成果や功績を国内外に広く顕彰する「ETアワード」を設けました。
ET2012に出展・展示される製品や技術、ソリューションを対象に選考します。

※ETアワードはET2012に出展している企業・団体の展示ブースに展示している製品、技術、ソリューションを対象としています。
出展をご希望の場合は事務局までお問い合わせください。

応募資格 ET2012に出展している企業・団体。
対象は展示ブースに展示している製品、技術、ソリューション。
募集対象分野 ET2012に出展テーマとしている以下6つの分野を中心に、応用分野を意識した製品、技術、ソリューショ ン、活動を募集対象とします。
  • スマートエネルギー
  • オートモティブ/交通システム
  • ロボティクス
  • モバイル/クラウド
  • スマートヘルスケア
  • スマートアグリ
審査結果公表日
2012年11月12日(月)
表彰式 2012年11月15日(木)

ページの先頭へ