日本シノプシス合同会社
Nihon Synopsys G.K.
ブース番号
F-15
〒158-0094 東京都世田谷区玉川二丁目21番1号 二子玉川ライズ・オフィス
[TEL] 03-6746-3940[FAX] 03-6746-3941
[URL] http://www.synopsys.co.jp/
Futako Tamagawa Rise Office, 2-21-1 Tamagawa, Setagaya-ku, Tokyo 158-0094
[TEL] 03-6746-3940 [FAX] 03-6746-3941
[URL] http://www.synopsys.com
出展の見どころ
シノプシスは、エレクトロニクス・システムと半導体のインプリメント・検証・製造に必要なツールとIPを幅広くご提供しております。今回その中からシステム設計と組込みSW開発のためのソリューションを中心にご紹介します。
●自社ブース
【自社ソリューション展示エリア】組込みSW開発期間/システム設計期間短縮の鍵を握るバーチャル・プロトタイピング・ソリューションを、自動車、モバイル機器、コンシューマ機器という3大アプリケーション別に展示。これらを補完するHWプロトタイピング・ソリューションやRTL/トランザクション・ベース検証ソリューションも展示。システム設計効率化の鍵を握るアルゴリズム開発ソリューション、高位合成ソリューション、インターフェイスIP/アナログIP/組込みメモリーIP/CPUを提供する業界最多のIPソリューションも展示。
【パートナーとの共同ソリューション展示エリア】ARM社/テンシリカ社/ADaC社とのバーチャル・プロトタイピング・ソリューション、CMエンジニアリング社との検証ソリューションなどを展示。
【ブース・シアター】シノプシスの各種システム設計ソリューション紹介の他、顧客による開発事例発表、パートナー各社による共同ソリューションを紹介。
●ARM社ブース
Android端末向けデザインを例にARMプラットフォーム・ベースのVirtual Prototypingソリューションと検証ソリューションを展示。
●ETカンファレンスでの講演
-ET×EDSFair同時開催記念共同企画セッション「ここまで来た!仮想システム開発環境とSW開発環境。日本のモノづくりはこう変わる!」にて、シノプシス 会長兼CEOのAart de GeusがEDA業界代表でスピーチならびに討論。
-設計・検証ツールトラックにて、「自動車向けSW開発の鍵:AUTOSARを考慮したマルチコア搭載MCUのHW/SW最適化」を講演。
-FPGAトラックにて、「1週間で6ヶ月間分を稼ぐFullHD動画画像処理の実現~FPGAを上手に活用せよ!~」を講演。



【close】