独立行政法人 科学技術振興機構 ディペンダブルVLSI研究領域
Japan Science and Technology Agency, Research Area for dependable VLSI
ブース番号
C-15
東京都千代田区三番町5番地三番町ビル
[TEL] 03-3512-3524[FAX] 03-3222-2064
[URL] http://www.dvlsi.jst.go.jp/
Sanbancho Bldg., 5,Sanbancho,Chiyoda/ku,Tokyo 102-0075 Japan
[TEL] 03-3512-3524 [FAX] 03-3222-2064
[URL] http://www.dvlsi.jst.go.jp/
出展の見どころ
 本展示ブースでは、(独)科学技術振興機構のCREST事業で推進している「ディペンダブルVLSIシステムの基盤技術」の研究成果を展示します。
 本研究領域では次のような研究課題を設定して研究開発をしてきました。まずVLSI素子寸法の極限的な微細化にともなう物理的な揺らぎ、一過性雑音事象、使用にともなう劣化などが問題です。これらは、直接誤動作の原因となるのみならず、VLSIの大規模化にとっての阻害要因であり、その影響を緩和する素子、回路、システムレベルの新技術の研究開発が必要です。規模の拡大と複雑化にともなう設計上のミスを排除し、設計・検証・製造・検査を容易化する設計の方法も研究開発課題です。信頼性・安全性へのVLSIシステム内外からの脅威を動作中に検出し、封じ込め、緩和するアーキテクチャー、回路の研究開発も必要となります。VLSIシステムへの要求事項は、用いられる情報システムの特性から決まりますが、新しく信頼性・安全性の仕様規定、評価尺度を作り上げて行くことも本研究領域の研究開発課題です。
 人類の諸活動が情報システム、そしてそのコアをなすVLSIに依存する度合いは増す一方であり、その信頼性・安全性の確保はきわめて重要な社会的課題です。こうした課題を解決するために本研究領域で実施してきた研究の成果を、組込システムの構築や利用、とりわけ信頼性、安全性にご関心をお持ちのご来場者に、できるだけ具体的にその価値を感じ取っていただけるように、デモやパネルでご説明します。



【close】