独立行政法人 科学技術振興機構 ディペンダブル組込みOS研究領域
Japan Science and Technology Agency
ブース番号
C-14
東京都千代田区外神田1-18-19 新秋葉原ビル5F
[TEL] 03-3526-6724[FAX] 03-3256-7888
[URL] http://www.dependable-os.net/
5F, Shin-akihabara bldg., 1-18-19, Sotokanda, Chiyoda-ku, Tokyo 101-0021, Japan
[TEL] +81-3-3526-6724 [FAX] +81-3-3256-7888
[URL] http://www.dependable-os.net/index-e.html
出展の見どころ
○会社概要
「DEOSプロジェクト」では、大学を中心とした9つの研究機関が参加し、組込みシステムのディペンダビリティについて研究しています。近年の組込みシステムは作り方の観点からも、使われ方の観点からもクローズドなシステムというよりはオープンシステムとしてとらえることが自然であり、その中でいかにして信頼性、安全性、使いやすさ、安心などを実現するかが重要です。我々は「オープンシステムディペンダビリティ」としてこれらをとらえなおし、ステークホルダ間の合意形成や説明責任など社会的責任も研究範囲に入れながらディペンダブル組込みシステム実現に必要な概念であるDEOSプロセスとそれを実現するDEOSアーキテクチャ、そのリファレンス実装であるD-REや開発ツール群などの関連基礎技術を研究開発し、ディペンダビリティ評価基準を定め、見える化、標準化を目指しています。

○技術の紹介
展示ブースでは、オープンシステムディペンダビリティの実現に必要なDEOSプロセス、DEOSアーキテクチャ、それを支える技術を紹介します。
DEOSアーキテクチャのリファレンス実装であるD-RE、ステークホルダ間の合意形成の方法であるD-Case、検証技術、ベンチマークテストなどに関する技術をプロトタイプ・デモを交えて説明します。

また、11月18日に「オープンシステムディペンダビリティが世界を変える」と題したスペシャルセッション(セッションコード:C-7-1、C-7-2 会場:アネックスホールF206)を開催します。

○スペシャルセッションと展示内容の詳細は、下記URLを参照下さい。
http://www.dependable-os.net/ja/topics




【close】