Embedded Technology とは?

次世代デジタル家電、携帯端末、カーエレクトロニクス、ロボット、各種産業用機器などの 最先端テクノロジーに欠かせない組込み技術とソリューションが集約された専門技術展とカンファレンス。

NON STOP INNOVATION─。組込みシステム技術は、わずか数年の間で、民生・産業用を問わずさまざまな製品分野へと拡大してきました。
情報家電やカーエレクトロニクス、制御装置・ロボットなど、あらゆる産業の最先端機器を支えるテクノロジーは、応用分野の成長とともに社会の進化を加速するテクノロジーへと発展しようとしています。

「Embedded Technology」では、さらに飛躍に向かう組込み技術の最先端テクノロジーとソリューションを一堂に集め、組込みシステム開発に関わる技術者や開発者に向け情報発信いたします。

ETは、「組込みシステム技術」に特化した世界最大級のイベント

 Embedded Technology(ET)は2002年より名称を改め、以降専門展としては世界最大級の規模に成長してまいりました。
 多くの注目企業による最新技術やソリューション展示と、旬の技術テーマを中心とした多彩なカンファレンスを通じて、最先端の「組込み技術」を発信いたします。
 すべての組込み設計者・開発者、ソフトウェアエンジニア必見です。

注目の応用テーマ『スマートエネルギー』にフォーカスした<特別企画ゾーン>を開設

 アプリケーションやサービスのプラットフォームへ進化する、組込み技術の最新テクノロジーを取り上げます。組込み技術の世界は、大きく変化しようとしています。ETでは、多くの技術者が注目する新しい応用分野もフォーカスし、最新技術やソリューションを紹介いたします。
そうした旬のテーマに特化した企画として、特別企画ゾーン「スマートエネルギーと組込み技術」を開設いたします。今後、ますます重要視される低炭素社会、エネルギーの情報化、グリーンITなどにおいて、さまざまな取り組みが進む組込み技術の最先端の応用事例を集めて展示し、多くの技術者にアピールいたします。

出展社は市場を牽引するメーカ・ベンダ

 ETは、注目技術やソリューションなどの最新動向を確実に把握できるイベントです。
 国内外の主要な半導体/プロセッサのベンダをはじめ、OS、ミドルウェア、開発ツール、ボードコンピュータ、計測機器、設計ハウスなどが、今年も多数参加いたします。

ETならではの多彩で充実したカンファレンスプログラム

 多彩なテーマのもとに、選りすぐった業界リーダーが登場するカンファレンスプログラムは、ETの大きな特徴です。
 毎年、業界を代表する企業と官学による基調講演/特別講演、業界トピックを先取りするパネルセッション、新たな開発手法・ソリューションを提唱するテクニカルセッション、DSP/FPGA/アナログデザイン/設計・検証ツールの各専門トラック、注目企業によるプライベートカンファレンスなどを用意し、多くの受講者を集めています。

ETだけが実現する、産学官提携の促進、標準化組織等とのコラボレーション

  標準化組織やコンソーシアム、学会、公的研究機関とのコラボレーションによる、組込みシステム業界の発展と活性化を目指します。

»ページトップへ