Home > クイックアクセス > 研修をお探しの方に > ポリテクセンター(関東地域) 研修情報

ポリテクセンター(関東地域) 研修情報

2019年06月25日現在
2019年07月~2019年09月開催分
 

高度ポリテクセンター  (事業課) TEL 043-296-2582

No. コース名/概要 日程/詳細
E0071 実習で学ぶ組込みプログラム開発技術

組込みシステムの概要を踏まえた上でメモリ配置、スタートアッププログラム、I/Oインターフェース制御、割り込みプログラム、コードの最適化など実習を通して習得します。組込みのためのCプログラム開発技術を習得できます。

7/2(火)〜7/3(水)

詳細はこちら

E0571 モバイル通信活用によるIoTアプリケーション開発技術

オープンソースハードウェアArduinoに3Gなどのモバイル通信機能を追加して、各種センサ情報の取得やデータ蓄積を遠隔操作で可能にするIoTアプリケーション構築実現の方法を習得します。モバイル通信接続機能としてHTTPを学び、ワイヤレスセンサネットワークならびにクラウドサービスとの連携などを実際にArduinoマイコンで動作させながら習得できます。

7/4(木)〜7/5(金)

詳細はこちら

E0681 実例で学ぶリアルタイムOS活用技術

RTOS導入のメリットには、プログラムのハードウェア依存性が小さくなることによるアプリケーションプログラムの再利用性や生産性の向上、プログラム開発の短期間化等があります。さらにタスク分割によって構造の可読性を良くし、再利用可能な部品化を進め易くすることがあります。本コースではRTOSを導入するメリットを実際のマイコンボードを使用してOS無し/OS有り双方のプログラムを作成しながら習得できます。

7/8(月)〜7/9(火)

詳細はこちら

E9981 組込みシステム/ソフトウェア開発者のための抽象化技術とモデリング活用法

GTD、マインドマップ、UML/SysMLなど、システム/ソフトウェア開発の混乱している現場にす ぐに役に立つ様々なモデリング手法を習得できます。さらに実習により、それぞれの関心事にそったモデリングを体験することができ、業務を系統的に整理する技法を習得できます。

7/9(火)〜7/10(水)

詳細はこちら

E0491 オブジェクト指向による組込みプログラム開発技術(Java編)

オープンソースプラットフォーム(Android)のアプリケーション開発等に主に用いられるオブジェクト指向言語(Java)とオープンソース統合開発環境(Eclipse)の基礎知識とその活用技術、及びそれらを用いた効率的なオブジェクト指向プログラム開発技術を実習を通じて習得できます。

7/11(木)〜7/12(金)

詳細はこちら

E0861 組込み機器における機械学習活用技術

ディープラーニングに代表されるように様々な分野で機械学習が活用されています。本コースでは高機能・高付加価値の製品開発に今後必要となる「機械学習」と「組込み機器」を組み合わせた活用技術を学びます。実習ではパソコン上でCNNを構築後学習させ、そこで得られた学習済みデータを組込みマイコンボードに実装し、画像認識を行います。

7/11(木)〜7/12(金)

詳細はこちら

E0761 実践ソフトウエア設計技法

“ソフトウェア開発の設計工程における問題解決のために、設計とはどういうものなのかを見つめなおし、設計工程の流れやレビューの実施方法等の実践的な手法を習得します。本コースでは、普段何気なく行っている方法が品質に影響を与えている可能性に気づき、多種多様なプロジェクト開発経験を基にした””実践で使用可能なノウハウ””を習得します。”

7/18(木)〜7/19(金)

詳細はこちら

EK011 システム開発プロジェクトマネジメント

システム開発でのプロジェクトの効率化や最適化をめざして、架空の開発プロジェクト事例(ホテル向け新POS端末等のシステム開発)を題材にした具体的かつ実践的な課題を中心に、作業計画を立案し、計画通りにプロジェクトを管理運営する実践的なスキルを習得できます。

7/23(火)〜7/24(水)

詳細はこちら

E0091 マイコン制御システム開発技術

16bitCISCタイプのワンチップマイコンを例にアーキテクチャ概要、様々な機器を制御するための内蔵周辺機能(GPIO、タイマ、AD、SCI等)について学びます。またC言語による具体的な制御プログラミング実習を通してマイコン制御技術を習得できます。

7/24(水)〜7/26(金)

詳細はこちら

E0161 組込みシステム開発におけるタスク分割技術

組込みシステムのリアルタイム性を改善するには組込みシステムの特徴や開発現場の状況を考慮した高度なタスク分割の考え方が必要になります。本セミナーではRTOSシミュレーションソフトによる実習とケーススタディによる具体的な事例を元にタスク分割方法の解説を行い、分割方法の最適化に向けた実践的なノウハウが習得できます。

7/25(木)〜7/26(金)

詳細はこちら

E0311 リアルタイム拡張カーネルのしくみと制御プログラミング

Windowsを制御に用いたとき、目標の時間性能を満たせないことがあります。このような問題点を解決できる”リアルタイム拡張カーネルソフトウェア”を導入するソリューションを学び、Windowsの利点を活かしつつ、ハードウェア制御処理や、割込み処理の作り方をプログラミング実習を通して習得できます。また、一般的なパソコンにリアルタイム性の機能を持たせるメリットがWindowsとの通信、外部入出力制御をおこなうことで比較することができます。

7/25(木)〜7/26(金)

詳細はこちら

E9971 組込みシステムズ開発のためのSysMLモデリング技術

現場で実際に使えるSysMLを習得できます。SysMLを用いたシステムエンジニアリング技術の概要について習得できます。また実習により十分な理解を促進します。

7/30(火)〜7/31(水)

詳細はこちら

E0401 組込みLinuxアプリケーション開発技術

本コースでは組込みLinuxの特徴である豊富なミドルウエア資源を活用したアプリケーション開発手法について学びます。アプリケーション開発に必要なシステムコールやデバイスへのアクセス方法などの知識を学んだ上で、実際のタッチパネル付きマイコンボードを使用してGUIやWebを用いた機器制御のアプリケーション開発をおこなうことで実践的なプログラミング手法が習得できます。

8/7(水)〜8/9(金)

詳細はこちら

E0731 シングルボードコンピュータ活用によるIoTシステム構築技術

IoT(The Internet of Things)は、ビッグデータ処理、クラウドコンピューティングと密接な係わりがあり、しっかりと理解するには、センシング、データ収集/加工/解析、ネットワークを介した指示など幅広い知識が必要です。本コースはシングルボードコンピュータとデータ収集、クラウドへのデータ転送、クラウド上のデータ加工の実習を通じて小規模のIoTシステム構築のノウハウを習得できます。

8/8(木)〜8/9(金)

詳細はこちら

E0701 ROSを活用したロボット制御技術

オープンロボットミドルウェアであるROS(Robot Operating System)を使用しての、ロボット制御のプログラミング技法を習得します。コンピュータボードRaspberry Pi上でのROSのセットアップ方法と仕組みの理解、センサやモータを動かすためのプログラミング技術を通して、ロボットのソフトウェア構築を効率よく行う能力を身につけます。また、ROS操作に必要なLinux OSのコマンドライン操作についても実習で行います。

8/27(火)〜8/28(水)

詳細はこちら

EC961 組込みソフトウェア開発のためのUMLモデリング技術

現場で実際に使えるUMLを習得できます。UMLを用いたソフトウェアエンジニアリング技術の概要について習得できます。また、実習により、十分な理解を促進します。

9/3(火)〜9/4(水)

詳細はこちら

E0321 計測制御におけるTCP/IPソケットI/F通信プログラミング

TCP/IPプロトコルを使用したネットワーク管理コマンドの使用法とソケットインターフェースを利用したプログラミング技法が習得できます。リアルタイムOSとWindowsのプログラミング方法によりTCP/IP通信のリアルタイム性能を比較確認します。TCP/IPを使った三菱シーケンサとの通信方法も確認します。

9/4(水)〜9/6(金)

詳細はこちら

E9961 組込みソフトウェア開発のためのUMLモデリング技術

現場で実際に使えるUMLを習得できます。UMLを用いたソフトウェアエンジニアリング技術の概要について習得できます。また、実習により、十分な理解を促進します。

9/10(火)〜9/11(水)

詳細はこちら

E0271 組込みLinuxによるネットワークプログラミング技術

本コースでは組込みLinuxを採用する際のメリットであるネットワークに特化したコースです。組込みLinuxによるネットワークプログラミング技法を理解し、IPv4やIPv6のプロトコル依存しないプログラム技法やネットワークで起こりやすいエラーや復帰方法などについても触れ、システムの安定化を向上するのための開発・設計手法が習得できます。

9/26(木)〜9/27(金)

詳細はこちら

pagetop
 

ポリテクセンター関東  (訓練第二課) TEL 045-391-2819

No. コース名/概要 日程/詳細
E3211 組込みLinuxによるTCP/IP通信システム構築(組込みLinux活用技術 TCP/IP編)

電子機器を用いた製品の改善や製品開発に関する業務の効率化をめざして、通信プロトコル、伝送手順、通信に関する実装技術を習得します。

7/9(火)〜10(水)

詳細はこちら

E3411 組込みソフトウェア開発者のためのテスト技法

効率的かつ効果的なテストケースを設定する力を身につけ、組込みソフトウェア開発の基盤となるテスト技法、およびテストプロセスをマイコンボードを使用した実習を通して習得します。

7/24(水)〜25(木)

詳細はこちら

E3311 オープンソースを活用した組込みLinuxマルチプロセスシステム構築技術(組込みLinux活用技術 ライブラリ活用・マルチプロセス編)

組込みLinuxでのオープンソースの利用方法と、マルチプロセスによるLinuxプログラミング技術を理解し、効率のよい組込みアプリケーションの開発を実習を通して習得します。

8/6(火)〜8(木)

詳細はこちら

E2411 機械制御のためのマイコン実践技術(C言語 ARMマイコン編)

制御用ARMマイコンを用いて、C言語によるプログラミング手法を学ぶとともに、マイコンの各種周辺機能の使用方法、外部モジュールの活用法やモータ制御技術について実習を中心としたカリキュラムにより習得します。

8/7(水)〜9(金)

詳細はこちら

E2811 CANインターフェース技術(マイコン技術者のためのCANインターフェース技術)

車載、FA、産業機器等で使用されているCAN通信について、インターフェース技術と分散システム構築に必要な知識や仕様に基づいた機器の設計・製作技術をプログラミングを通して習得します。

8/7(水)〜9(金)

詳細はこちら

E3111 組込みLinuxデバイスドライバ開発技術(組込みLinux活用技術 デバイスドライバ カーネル2.6編)

各種ドライバの開発手法について理解し、SHマイコンボードを使用した実習を通して組込みLinuxドライバ開発技術を習得します。

8/20(火)〜22(木)

詳細はこちら

E2013 組込み技術者のためのプログラミング

組込みシステムの開発やマイコン制御に必要なC言語のプログラミング技術について習得します。

8/21(水)〜22(木)

詳細はこちら

E3511 組込みソフトウェア開発者のためのコーディング作法とレビュー技術

組込みソフトウェアの信頼性、保守性、移植性、効率性の観点からコーディング作法と規約の必要性を理解し、コード品質を作り込むためのレビュー技術を実習により効果的に習得します。

9/4(水)〜5(木)

詳細はこちら

E2511 実践センサ活用術(マイコンインターフェース編)

計測制御システムの効率化・最適化やセンシング機器の改良をめざして、インターフェース回路を使用し、マイコンにより各種センサを活用する方法を習得します。

9/18(水)〜19(木)

詳細はこちら

pagetop
 

ポリテクセンター埼玉  (訓練第二課) TEL 048-882-4003

No. コース名/概要 日程/詳細
E015A 組込みシステム開発におけるプログラミング実践(ポインタマスター編)

組込みシステム及びソフトウェアの設計・開発をC言語で行う際に難所となるポインタについて配列・文字列・構造体・関数との関係を習得します。C言語でのポインタの理解を深め、もやもや感を解消しましょう。

7/24(水)〜26(金)

詳細はこちら

E011A センサ回路の設計技術

電子機器の高付加価値化を目指して、センサ回路及び装置へ実装する際に必要な実装技術を習得します。

8/7(水)〜8(木)

詳細はこちら

E017A 組込みシステム開発のためのモジュールテスト技術

C言語を使用した7セグメントLEDドライバの制作実習を通して、V字モデルにおけるプログラミング〜モジュールテスト(単体テスト)までを体験し、組込みシステムにおけるプログラミング技術およびモジュールテスト技術を習得します。また、C言語の開発環境の構築についても習得します。

8/21(水)〜23(金)

詳細はこちら

E035A Linuxによる組込みシステム開発(RaspberryPi導入編)

ARMを搭載した低価格のワンボードマイコンRaspberry Piは組込みシステム開発やサーバーとして利用で注目されています。当該マイコンを使用した実習を通して、組込みLinuxの概要、Linuxシステムの操作(コマンド)、開発環境の構築や設定手法、各種機能、組込みマイコンのシステムについて理解するコースです。

9/18(水)〜20(金)

詳細はこちら

E013B 組込み技術者のためのプログラミング(C言語編)

組込みシステム開発に必要なC言語プログラミング技術について習得します。

10/1(火)〜2(水)

詳細はこちら

E014B マイコン制御システム開発技術(H8マイコンC言語編)

組込みシステム開発およびマイコン制御に必要なC言語プログラミング技術について習得します。

10/3(木)〜4(金)

詳細はこちら

E033A センサを活用したIoTアプリケーション開発技術

IoT活用として環境モニタリングが注目されています。本コースでは、様々なセンサをマイコンやセンサネットワークと組み合わせた環境モニタリングするために必要な技術、センサネットワーク概説、実習によるセンサネットワークの構築、クラウドサービスとの連携方法をハンズオンで習得できます。

10/23(水)〜24(木)

詳細はこちら

E023A オブジェクト指向による組込みプログラム開発技術(C#編)

オブジェクト指向言語であるC#言語の特徴を実習を通して学び、組込みでの活用方法を習得します。

11/14(木)〜15(金)

詳細はこちら

E010A マイコンによるLAN制御システム開発実践技術

電子・情報通信機器の品質向上や開発業務の効率化を目指して、マイコンによるLAN制御システムに必要な要素、設計製作手法、プログラム設計開発技術を習得します。

12/3(火)〜5(木)

詳細はこちら

E024A オブジェクト指向言語を用いた組込みアプリケーションソフトウェア開発(C#編)

組込みシステム開発におけるシステムの改善や業務の効率化を目指し、組込み分野でのオープンソース環境によるオブジェクト指向プログラミングを適用したシステム開発技術を理解し、オブジェクト指向言語によるアプリケーション開発の利点を習得します。

12/11(水)〜13(金)

詳細はこちら

E028A マイコンによるDCブラシ付きモータ制御技術(PID制御編)

生産システムにおける制御システムの最適化(改善)を目指して、DCモータを使用した、P、PI制御などの制御系とON-OFF制御との違いをロボットの振る舞いで確認し、実習を通じ制御システム構築が可能な技能・技術を習得します。

12/17(火)〜18(水)

詳細はこちら

E016A リアルタイムOSによる組込みシステム開発技術(μTRON編)

組込みシステム開発の効率化のため、ランタイムOS(T-Kernell)の機能を理解し、最適なアプリケーションを設計・開発技術を実習を通して習得します。

1/15(水)〜17(金)

詳細はこちら

E032A マイコンによるシリアル通信技法

シリアル通信は、マイコンと入出力装置等の外部周辺装置との情報交換に利用されています。シリアル通信制御についての知識を理解し、通信プログラミング実習を通して、シリアルインターフェース回路の設計に必要な技術を習得ます。

2/13(木)〜14(金)

詳細はこちら

E025A 組込みLinuxによるマルチスレッドソフトウェア開発技術

組込みシステムの機能改善や高性能化、高付加価値化を目指して、UNIX系OSで標準となっているpthreadsライブラリを用いたマルチスレッドプログラミング技法を習得します。

2/25(火)〜27(木)

詳細はこちら

pagetop
 

ポリテクセンター千葉  (訓練第二課) TEL 043-422-4622

No. コース名/概要 日程/詳細
E2101 製造現場におけるLAN活用技術

EthernetとTCP/IP(IPV4)によるLANを設定、構築する技術を習得するコースです。

8/21(水)〜22(木)

詳細はこちら

E2201 ルータによるインターネット接続技術

Cisco社製ルータによる企業向けLANとインターネット回線との接続技術を習得するコースです。

9/11(水)〜12(木)

詳細はこちら

E2301 VLAN間ルーティング技術

Cisco社製スイッチ及びルータによる企業向けLANの構築技術を習得するコースです。

9/18(水)〜19(木)

詳細はこちら

E1801 組込み技術者のためのプログラミング(電気系技術者のためのC言語)

C言語による基本的なプログラムから実用的なプログラムの開発技術を習得するコースです。

10/1(火)〜3(木)

詳細はこちら

E1901 組込みシステムにおけるプログラム開発技術(H8編)

H8マイコンによる組込みシステム開発技術を習得するコースです。

10/16(水)〜17(木)

詳細はこちら

pagetop