Home > 協会案内 > 会長挨拶

会長挨拶

一般社団法人 組込みシステム技術協会 会長 簗田稔

組込みシステム技術とは、エレクトロニクスとITによるものづくり、サービス提供の技術です。当協会は、その中核技術を担う組込みソフトウエア業界を代表する団体として技術ならびに業界の発展に寄与してまいりました。

組込みソフトウエア業は、日本標準産業分類G-3912として規定され、その関連産業は国民生活の基盤を支えるまでになっております。組込みシステムの主要関連産業である製造業はGDPの18.3%を占め、関連製品の輸出規模は37.9兆円(輸出構成比率59.4%)と、我が国の“ものづくり”における不可欠な技術となっております。

また、一方で製品開発費のうち組込みソフトウエアの開発費の占める割合が53.2%とその比率は年々上がる傾向にあり、これに比例し開発規模拡大に伴う不具合の発生件数も確実に伸びており、今後の業界に対する課題が浮き彫りにされております。

世界規模での市場競争が激化するなかで、日本の“ものづくり”技術の差別化を目指すべく、当協会は、開発技術の高度化及び標準化の推進とその技術成果の普及啓発、また企業間協業の機会提供、海外展開支援並びにこれらを支える人材育成事業を実践してまいります。

他方、組込みシステム技術は国民生活の安心安全を支える基盤技術としても脚光を浴びつつあり、この重責を自覚しつつ関係各位のご支援のもと会員一同英知を結集して努力してゆく所存でございます。

今後とも、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人 組込みシステム技術協会
会 長   簗田 稔

クイックアクセス

求人情報

委員会活動

技術本部
人材育成事業本部
事業推進本部
ET事業本部
OpenEL国際標準化委員会
プラグフェスト実行委員会