Home > 委員会活動 > 技術本部 >  応用技術調査委員会 > OSS活用ワーキンググループ

委員会活動 技術本部 応用技術調査委員会
OSS活用ワーキンググループ

OSS活用ワーキンググループ

takeoka

[WG 主査]

竹岡 尚三

株式会社アックス

1.活動概要(2019年度の事業方針)

OSSC共同セミナー、WG会議、RISC-Vエコシステム調査、組込みOSS鳥瞰図作成、OSS普及セミナー、OSSドローンの運用も含めた諸事情の調査、広報資料作成、広報資料作成

2.達成目標(完了条件)
OSSC共同セミナーの開催。
RISC-Vエコシステム調査報告書の作成。
組込みOSS鳥瞰図の作成完了。(着手から3年後を目指す)
OSS普及セミナーの開催、ハンズオン実施。
OSSドローンの運用も含めた諸事情の調査報告書の作成。
広報の資料作成。
外部発表の実施。
WG会議の開催。

3.1年目の目標

4.各事業計画
【事業№1】委員会開催
       WG活動のため
       ・隔月、年6回(都内、関西など)の開催

【事業№2】組込みOSS鳥瞰図作成
     組込みOSSの利用を促進するため、組み込み用既存OSSを一望できるようにする。
     組込み用OSSは、ロボット、自動運転、画像認識、AI、画像処理、数値計算、開発ツールなど多様化している。
     それらOSSが一望できるような図を作成する。3年後の完成を目指す

【事業№3】外部発表
     WGの活動果を公表し、活動をアピールする
     1.技術本部成果発表会(5月)     :JASA会員向け報告
     2.ET2019技術本部セミナー(11月)  :一般向け啓発

【事業№4】OSSC共同セミナー
     OSSの活用を促すセミナーを実施する。同時にWGの活動を外部にアピールする。
     OSSコンソーシアムAI部会と共同で、開催。外部より講師を招き、最新のOSS情報を、一般に知らしめるセミナーを主催し、WGの活動をアピールする。
     時期は通年で、年に3回程度実施。

【事業№5】広報資料作成
     WGの活動成果を公表し、WGの活動をアピールする。
     フライヤ(チラシ)、ステッカ、印刷物などを作成

【事業№6】RISC-Vエコシステム調査
     オープン・ソースなCPU RISC-Vを取り巻く環境を調査する
     RISC-V CPUを搭載したボードをもとに、CPUアーキテクチャ、開発環境を調査する。RISC-Vのために活動している有識者、団体などと交流をはかり、RISC-Vエコシステムの中での組込み団体の立ち位置を探る

【事業№7】OSS普及セミナー(エッジプロトタイピングで深めるワークショップ)
     JASA会員などへのOSSとオープン・ソース・ハードウェアの振興を諮る
     座学とハンズオンを混合した形式で、組込み技術が身につくセミナーを実施。
     本年度は、近畿地方で数回程度の連続実施を計画。

>>詳細内容・申込はこちらから

【事業№8】OSSドローンの運用も含めた諸事情の調査
     OSSドローンを飛行させるための、諸事情を調査する
     ドローンは飛行させるために、飛行場所、操縦のための資格などが必要である。また、OSSを使用したドローンを今後運用するために、必要となりそうな事柄を調査する

OSS活用WG
最新情報
★ ET/IoT2016 JASA技術本部セミナー(2016.11.16)にて講演いたしました。
[JG-4]ドローン&ロボット、機械学習OSSの紹介と、OSSの品質についてのアプローチ

>>講演資料PDFはこちらから

★ ET/IoT2015 JASA技術本部セミナー(2015.11.18)にて講演いたしました。
[JG-3] 「ロボット用OSSミドルウェア(2015)」
>>講演資料PDFはこちらから
★ET West 2105/JASAセミナー(2015.6.11)にて講演いたします
[JASA-2]「ロボット用OSSミドルウェア」
 >> 講演資料PDFはこちらから★日経テクノロジーonline にコラム掲載されました(2015.4.3)
ラズパイでOpenELを動かしてみた
竹岡 尚三(アックス 代表取締役会長兼社長)

 

こちらも要チェック✓ 技術本部 公開資料