Home > 委員会活動 > 技術本部 > 応用技術調査委員会 > AIワーキンググループ

委員会活動 技術本部 応用技術調査委員会
AIワーキンググループ

AIワーキンググループ

[WG 主査]

中村 仁昭

株式会社Bee

 IoTデバイスに期待される技術のひとつとして、クラウド依存せずリアルタイム性を追求したエッジコンピューティングがあります。ここに第三次AIブームを巻き起こしているDeepLearningを絡ませていくことは、組込みシステムを発展追及していく上で必要不可欠な技術のひとつです。組込みシステムエンジニアにとって、AI及びDeep Learningに関する技術は、非常に興味深い分野であります。しかし組込みの分野に関してこの技術はまだ発展途上であり、最適な技術の習得は各々が進めるよりも、企業の枠を超え協力し合うことで、会員企業の保有技術向上、更には組込みシステム全体の発展に繋がると考えます。

当WGは、AIに興味のある会員技術者を対象に、AI及びDeep Learningとは何かを理解し、製品に組込める技術者の育成を目的に、参加者同士が技術向上を目指します。

1.活動概要(2019年度の事業方針:事業予算案)
研究定例会議(年6回程度)
勉強会(全5回(講義:4回、発表:1回))

2.達成目標(完了条件)
(1) 研究内容の明確化と、着手
(2) Deep Learningを使用したデモ開発と参加企業上長向けの内部デモ発表

3.1年目の目標
(1) Deep Learningを既に理解し開発できる技術者とエッジAI活用研究。
(2) AIに興味のある技術者を対象にDeep Learningとは何かを理解し、製品に組込める技術者の育成。裾野の拡大が目標。

4.各事業計画
【事業№1】委員会開催
Deep Learningを既に理解し開発できる技術者とエッジAI活用研究
会議室を借りて年6回(隔月)、1回2時間のWGを行なう。
 ① 5/15
 ② 7/17
 ③ 9/25
 ④ 11/27
 ⑤ 1/22
 ⑥ 3/18(+近畿での成果報告会)

※開催場所は全てアットビジネスセンター大阪梅田を予定

【事業№2】技術者育成
AIに興味のある技術者を対象にDeep Learningとは何かを理解し、製品に組込める技術者の育成
会議室を借りて年5回(ほぼ隔月)、1回3時間の勉強会を行なう。
  ①6/12
  ②8/21
  ③10/9
  ④2/12
  ⑤3/18(+近畿での成果報告会)

※開催場所は全てアットビジネスセンター大阪梅田を予定

★彡IoT技術高度化委員会 参加メンバー募集中☆彡
*詳細はこちら
*問合せ先⇒ jasainfo@jasa.or.jp (JASA事務局・技術本部担当)