Home > 委員会活動 > 人材育成事業本部 > 研修委員会

委員会活動 人材育成事業本部
研修委員会

研修委員会

[研修委員長]

荒木 泰晴

(株)エンベックス
エデュケーション
代表取締役社長

ミッション

 本委員会は直接の人材育成ではなく、若年層およびその教育業界に対して組込みシステム開発に関しての「認知」、「実践教育」をすすめ、本業界へ有能な人材を誘導することを目的とする。
 平成30年度事業は以下の通りです。

1. 学校法人向け情報提供

 主に工学部系学校法人に対して、協会活動の情報提供をする。
 具体的には機関誌”BulletinJASA”(年4回)と、ET展・ETWest展のご案内等を送付する。現在約200校に発送中。
 

2. 新卒採用期待値レベル調査

 会員を中心とした組込みシステム開発業が新卒エンジニアに望む「技術知識」「スキル」「人物像」を調査・分析し、主に学校法人に案内し、学校の教育内容・レベルに提言する。 平成21年度から10回目を迎える。
 

3. 教員向け実践教育講座

 開発現場経験の少ない教育に対する開発実態を大観させたいという要望が多くの学校法人よりあがったことから、組込みシステム開発業が求めるC言語運用レベルを体感し、新人教育レベルを体得させることを目的に平成27年度より開始した。
 教員が比較的時間の取りやすい夏季休暇期間を利用して講義・実習を行う(2日間)。
 平成30年度は名古屋での開催を予定する。
 

4. 初等・中等教育

 平成32年度から始まる主に小学生向けのプログラミング教育への参入を目的に平成29年度より、(一社)ICTコネクト21の活動に参画している。
 具体的な教育シラバス・計画は市区町村が行うことから、省庁の方針等の動きを情報収集し、市区町村の教育委員会ならびに会員からの問い合わせ対応に備える。
 

5. 高等教育

 主に専門学校が文科省の指導を受け、実践型教育推進を目的に、地域・業界と事業運営・カリキュラムの評価委員会を開催している。
 平成29年度より、次の専門学校の評価委員会に出席し、実践型教育推進活動を展開している。
 [日本電子専門学校][HAL(東京校・名古屋校・大阪校)][新潟情報専門学校][早稲田文理専門学校]
 

6. 業界研究セミナー

  理系学校法人、理系就活生を対象に、組込みシステム開発企業を就活対象にさせることを主眼に開催する。
 具体的には、7月のETWest展(大阪)、11月のET展(東京)で、組込みシステム開発の魅力と将来性、新卒者採用の期待レベル調査報告(上記「2. 新卒採用期待値レベル調査」を参照)、さらに会員の新人エンジニアによる奮闘記(就職動機、研修、OJT、やりがい等)を学校ご担当者様、就活生にご案内します。申込者数100名を超えるセミナーとなっています。
 

7. 求人支援(求職支援)

 BulletinJASA「業界2018年の見通し」にもあるように、採用状況は90%が不満としている(2018新春号)。
 理系専攻者の多くが、「組込みを知らない」、「ハードウェアがわからない」ということで組込みシステム開発の求人情報に反応していないのが現状である。しかし、モノづくりに興味があることはETロボコンでも明白である。
 やる気と入社教育で差分をカバーできることをアピールするため、大学・専門学校の就活生に向けた就活媒体への情報提供と、会員企業の求人情報をJASAウェブサイトで掲載している。

公開資料[人事・教育]

 調査・研修の成果物として、「インターンシップ導入ガイドライン」、「新入社員に求める組込み技術知識と人物像調査報告書」等がございます。

* 研修委員会では、委員を募集しております。お気軽にお問合せください。 お問合せはjasainfo@jasa.or.jpまで